■にほんブログ村トラコミュ
ファルコンS(2017)
ファルコンSデータ分析

ファルコンステークスの予想です。

今年は、前回の展望で取り上げたデータの該当馬たちをそのまま中心に置いて勝負したいと思います。ではまず軸馬から。

ファルコンステークス 2017 予想

軸馬はナイトバナレット
前回の展望で注目した、データの該当馬。

前回注目したのは以下のデータです。
・前走上がり3Fタイム3位以内
・前走5番人気以内
・前走ダート戦を除く
・前走新馬または未勝利組を除く

の4点。

この4点を満たした該当馬は→【4-2-1-14】(連対率28.6%、複勝率33.3%)となります。

率としては決して高いものではありませんが、過去5年(中京競馬場改装後)の中で、4年は勝利馬が出てきている流れとなっていますので、今年もある程度傾向が続いてくれれば、この該当馬から勝利馬を期待できるのではないかと考えました。

過去のファルコンステークスは差し、追込馬の活躍が目立ちますので、過去と同様、ある程度流れるペースになってくれれば、この馬の差し脚が活かされるとみています。

芝1400mは1回しか経験がありませんが、しっかりと勝利を収めていますし、適正というところではマイルよりもこの距離の方が合っているように映りますので、前走同様、ここも勝ち負けを期待したいですね。



対抗馬1頭目は、デスティニーソング
こちらも先に挙げたデータの該当馬。データの率を考えれば、2頭一緒に好走というのはなさそうにも思えましたが、どちらか1頭だけを選ぶというのは難しかったので、2頭共々に期待したいというところで、2番に挙げたいと思います。

前々走のなずな賞は、このファルコンステークスと同舞台で、勝ち馬ジョーストリクトリにはあっさり差されてしまいましたが、0.1秒差の2着と好走。先行策から早めに先頭に立ったことで、良い目標になってしまいましたが、着差はわずかでしたので、現在の人気ほどジョーストリクトリと力差はないように思えます。また、前走は好位から脚を溜めて勝利できましたので、同じくらいの位置取りを取ることができれば、なずな賞の時よりもさらに良い走りを見せてくれるのではないかと注目しています。



対抗馬2頭目は、ボンセルヴィーソ
前走朝日フューチュリティステークス3着、前々走デイリー杯2歳ステークス2着と、実績は出走馬中最上位。

前走朝日杯FS組は【0-1-1-8】(連対率10.0%、複勝率20.0%)と低調ですが、好走馬2頭は当日4、3番人気となりますので、現在の人気からは十分好走の可能性はありそうかと。

先行脚質に変えてからは走りも安定していますし、前走タフなコース形態の中、粘り込みを見せてくれましたので、この中京舞台でも力を発揮してくれるのではないかと期待しています。出遅れや、余程前に厳しいペースにならない限りは上位争いに残ってくれるのではないかとみています。



最後に穴馬は、G人気ブログランキング(※マイネルバールマンでした)。
全体成績としては不安定なところもありますが、この芝1400mにおいては安定した走りをみせており、個人的にはこの距離がベストではないかとみています。

前走は敗れはしましたが、終始外々を回る競馬の中で、勝ち馬との差はわずか、負けて強しの内容に映りましたので、ここでの巻き返しを期待したいと思います。


<ファルコンステークス 2017 予想>
◎軸馬:ナイトバナレット
◯対抗馬1:デスティニーソング
▲対抗馬2:ボンセルヴィーソ
△穴馬:G人気ブログランキング(※マイネルバールマンでした)
☆流し:2、6、7、11、14、15番以外
推奨馬・馬券について

応援の方、よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

うまコラボ