■にほんブログ村トラコミュ
フェアリーS(2016)
フェアリーS データ分析

フェアリーSのデータ展望です。

まずは出走馬予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アラモアナワヒネ
牝354.0
アルジャンテ
牝354.0戸崎圭
エキドナ
牝354.0
カジノクイーン
牝354.0松岡
カトルラポール
牝354.0コントレ
クードラパン
牝354.0田辺
クィーンズベスト
牝354.0岩田
コパノマリーン
牝354.0田中勝
コルコバード
牝354.0柴山
シーブリーズラブ
牝354.0横山典
シトロン
牝354.0嘉藤
タガノヴィアーレ
牝354.0岩田
ダイワダッチェス
牝354.0柴田善
ダイワドレッサー
牝354.0三浦
トウカイフィーバー
牝354.0江田照
ハマヒルガオ
牝354.0石川
ビービーバーレル
牝354.0石橋脩
フジマサアクトレス
牝354.0吉田隼
ボーアムルーズ
牝354.0大野
ポロス
牝354.0
ラシーム
牝354.0勝浦
ラブリーアモン
牝354.0武士沢
リセエンヌ
牝354.0蛯名
ルミナスティアラ
牝354.0内田博
レッドエトワール
牝354.0吉田豊
レッドシルヴィ
牝354.0コントレ
※騎手は予定となります。
※クィーンズベストは回避を発表しています。

以上、25頭が登録されています。

続いて、netkeibaさんの予想オッズです。
人気馬名予想オッズ
1クードラパン2.9
2
リセエンヌ5.1
3アルジャンテ9.7
4コルコバード10.5
5シーブリーズラブ13.9
6アラモアナワヒネ20.9
7ダイワダッチェス26.1
8エキドナ27.7
9レッドエトワール30.4
10タガノヴィアーレ45.5
※上位10頭を記載しています。
※回避を発表しているクィーンズベストは外しています。


1番人気予想は、クードラパン
昨年2歳馬で活躍したいダイワメジャー産駒の1頭で、前走阪神ジュベナイルフィリーズでは大きく敗れましたが、それまで3戦3着、1着、1着と安定した走りをみせています。前走からの格落ちとなりますので、これまでのように安定した走りをみせたいところ。
また前走阪神ジュベナイルフィリーズ組は、ここ2年好走馬が出てきていないので、そろそろがありそうな気もしますが、今年の該当馬はこのクードラパン1頭のみとなりますので、数的な部分では少し不安もありますね。


2番人気予想は、リセエンヌ
デビュー戦(芝1200m)は1番人気を大きく裏切り12着と敗れましたが、未勝利戦(芝1800m)はしっかりと勝利。その後、前走サウジアラビアロイヤルカップでは0.1秒差の4着と健闘しました。
サウジアラビアロイヤルカップの好走馬たちで、その後重賞で活躍した馬はまだ出てきていませんので、レベル自体が少し疑わしくなっていましたが、牡馬混合重賞での健闘した部分は評価したいと考えています。また昨年2、3着馬を出したディープインパクト産駒なので、傾向的には注意したい1頭とみています。


3番人気予想は、アルジャンテ
こちらもリセエンヌ同様、ディープインパクト産駒の1頭。未勝利上がりの1頭となりますが、これまで2戦ともに1番人気に支持され、期待されているところがありますね。
一つ気になるのは、これまで2戦ともに1400mで、今回が距離延長となる点。このフェアリーステークスがマイルに定められてからの過去7年、前走からの距離延長組で好走できたのはわずか2頭しかいません。血統、これまでの走り的には問題なさそうですが、傾向的には少し避けたい部分もありますね。


4番人気予想は、コルコバード(※除外となりました)。
ステイゴールド産駒の1頭で、デビューから2戦、2着、1着とまだ3着以下を取っていません。またデビューから差し競馬をしっかりとしており、上がりの脚も上位と素質を感じられる1頭という印象。
デビュー2戦は新潟、東京で、左回り、直線の長い舞台となりますので、このコース替わりがどう働くかがカギとなりそうですね。位置取りやペース次第だとは思いますが、末脚はしっかりとしていますので、大崩れはないような気がしますね。


5番人気予想は、シーブリーズラブ
新種牡馬カジノドライブ産駒の1頭で、こちらも先に挙げたコルコバード同様、新馬戦2着、未勝利戦1着。脚質的にも差し競馬で危なげなく、ここまで進めています。
また父カジノドライブというところで、まだなんとも言えない部分がありますが、母父サンデーサイレンスという点は、過去にも好走馬を出している好走血統の一つとなりますので、そこまで魅力は感じられませんが、無視はできない1頭だとみています。

以上が、予想オッズの上位5頭となります。


波乱の多いこのフェアリーステークスとなりますので、あまり人気を気にせず選出していければと考えていますが、今回挙げた5頭の中では、コルコバード(→※除外となりました。。。)に最も注目しています。

初の右回り、中山舞台となりますので、その点は不安ではありますが、ここ2戦の走りっぷりは先々を期待したい1頭と感じています。相手関係等もありますが、末脚は素晴らしいものを感じますので、大崩れは考えにくく、ここも上位に加わってくれることを期待しています。

※追記(1/7)
コルコバードが除外となりましたので、次に注目していた馬を挙げます。クードラパンです。
先にも挙げた通り、前走阪神ジュベナイルフィリーズでは敗れましたが、それまで安定した走りを見せていますし、このフェアリーステークスと同じ舞台であるサフラン賞を勝利している部分も良いですね。人気は濃厚でしょうが、ここは侮れない1頭とみています。



また穴馬候補としては、B人気ブログランキング(※ラブリーアモンでした)に注目しています。
2走前から脚質に変化を持たせ、より安定感が増した印象。この舞台を考えれば、近走の内容はプラスに働くとみています。またこの舞台を経験している部分も大きいと思いますので、出走叶えば買いたい穴馬候補の1頭と考えています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
うまコラボ