■にほんブログ村トラコミュ
エプソムC(2016)
エプソムC データ分析

エプソムカップのデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきます。
馬名性齢負担
重量
アルバートドック
牡456.0
アルマディヴァン
牝654.0
エキストラエンド
牡758.0
エックスマーク
牡756.0
オリオンザジャパン
セ656.0
サトノギャラント
牡756.0
ショウナンバッハ
牡556.0
ステラウインド
牡756.0
ダービーフィズ
牡656.0
ナカヤマナイト
牡859.0
ヒストリカル
牡757.0
フルーキー
牡658.0
マイネルホウオウ
牡656.0
マイネルミラノ
牡656.0
メイショウヤタロウ
牡856.0
ラングレー
牡556.0
ルージュバック
牝454.0
レコンダイト
牡656.0
ロジチャリス
牡456.0

以上、19頭が登録されています。

フルゲート18頭立てで、エックスマークが除外対象となっています。

エプソムカップ 2016 予想オッズと上位人気馬考察

続いて、netkeibaさんの予想オッズと、上位人気馬たちをみていきます。
人気馬名予想オッズ
1ルージュバック3.0
2フルーキー3.4
3ロジチャリス4.3
4ラングレー7.4
5アルバートドック9.2
6ヒストリカル19.4
7マイネルミラノ21.1
8レコンダイト28.2
9エキストラエンド42.2
10ダービーフィズ43.4
※上位10頭を記載。


1番人気予想:ルージュバック

今年初戦となった中山牝馬ステークスでは1番人気に応えらなかったもののタイム差なしの2着と好走。続く、前走はヴィクトリアマイルでは上位馬たちに屈するも、なんとか掲示板内を確保しています。今回は2-1-0-0の成績できている、重賞で連対経験がある実績ある距離に変わりますので、この距離変わりはプラスに働きそうですね。

過去10年、前走ヴィクトリアマイル組は0-0-0-6(内2頭は4着)と、該当馬は非常に少ないものの好走馬が出てきていません。4着まで来ている馬がいるので、そろそろもありそうですが、臨戦過程としては少し気になる部分がありますね。実績ある距離という部分は魅力を感じていますが、現時点では2着までかなと。



2番人気予想:フルーキー

前走新潟大章典では、先行するパッションダンスをつかまえらずも2着と好走。わずかながら斤量差はありましたし、パッションダンスは実績ある舞台、フルーキーは初の新潟というところを考えれば、力は見せてくれたと思います。

昨年のエプソムカップは、先行した2頭が連対する中で、差し届かずの4着。東京の舞台は連対経験がありませんので、その部分は不安要素ではありますが、過去3度挑戦した東京舞台は、位置取りが前過ぎたり、後ろ過ぎたりと、展開的と位置取りが噛み合っていない部分があったように映っています。もちろん今回も展開が向かないなんてこともありそうですが、極端な位置取りではなく、前走のような中団をしっかりと位置取ることができれば、昨年以上の着順は期待できるのではないでしょうか。



3番人気予想:ロジチャリス

1600万下、オープンと2連勝中の上がり馬。前走メイステークスはこのエプソムカップと同舞台というところでも臨戦過程としては良い印象はありますね。

これまで重賞経験は、3歳時のラジオNIKKEI賞1回のみ。その時以来の重賞挑戦となりますので、今回は一気に相手が強化されますので、その点は不安ではありますね。他の重賞実績馬たちと比べると、どうしても力差があるように映りますので、この人気であればちょっと手が出しづらいところはありますね。もう少し人気が落ちてくれれば良いんですが。



4番人気予想:ラングレー

これまで重賞での好走歴はなく、1600万下までしか好走がありませんでしたが、近2走はオープン戦で1着、3着と、着々と力をつけてきている印象を受けますね。今回で8度目の重賞挑戦。これまで4、5着はありますので、近走の安定感、走りからはそろそろがあってもおかしくなさそうですね。

また昨年のエプソムカップはディープインパクトが上位を独占しました。その連対馬であるエイシンヒカリと、サトノアラジンは、父ディープインパクト×母父Storm Catという組み合わせで、このラングレーも同じ組み合わせとなります。昨年の結果だけを考えると、今年も期待したい部分が出てきますね。



5番人気予想:アルバートドック

前走マイラーズカップでは5着と掲示板を確保。展開、位置取りが向かなかったこともありますが、やはりもう少し距離があった方が良いように映りましたね。

東京舞台は初となりますが、、これまで芝1800mは2-1-0-1(着外1回は4着)と、小倉大賞典の勝利も含め、安定して走れている距離となりますので、ここは巻き返しを期待したいところ。ただ、脚質的には後方からの競馬になると思いますので、勝つためにはなにかしら展開の恩恵が必要かもしれないですね。

以上が、予想オッズの単勝オッズ一桁台の5頭となります。


この5頭の中では、フルーキーに最も注目しています。
先に挙げた通り東京が最も良いとは思えないですが、今回見ていった上位馬たちの中では、最も安定感があり、安心してみれるというところで、軸馬候補の1頭と考えています。

また昨年敗れた3頭(エイシンヒカリ、サトノアラジン、ディサイファ)と比較すると、今年は相手関係が、わずかながら楽になる印象を受けていますので、斤量58.0kgですし、父サンデー系ではないので、勝つというところでは、何かしら噛み合う必要がありそうですが、2、3着というところであれば、昨年よりも今年の方がグッとチャンスがあるのではないかと考えています。




最後に、現時点で気になっている穴馬候補を。
A人気ブログランキング
(※エキストラエンドでした)
です。

かなり久しぶりの1800mとなりますが、脚質を変えてきた現在の走りを考えれば、意外と合うのではないかと。もちろん他にも年齢や斤量など、クリアしなければいけないものはありますが、父の血統面は申し分ないですし、近走の走りからはまだ力がある馬だと思いますので、穴馬候補として注目したいですね。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ