エルムステークスのデータ展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
オヤコダカ
牡556.0石川倭
クリノスターオー
牡756.0
コスモカナディアン
牡456.0丹内
サングラス
牡656.0
ショウナンアポロン
牡756.0柴山
タマモホルン
牡656.0左海
テイエムジンソク
牡556.0古川
ドリームキラリ
牡556.0
ピオネロ
牡656.0C.ルメール
マイティティー
牝554.0
メイショウスミトモ
牡656.0四位
モンドクラッセ
牡656.0勝浦
ヨヨギマック
牡656.0菱田
ラインハート
牝654.0
リーゼントロック
牡656.0三浦
リッカルド
セ657.0
ロンドンタウン
牡457.0岩田
※騎手は想定となります。

以上17頭が登録。

フルゲート14頭立てで、除外対象は…
サングラス
ヨヨギマック
ラインハート
の3頭です。

エルムステークス 2017 予想オッズ

続いてnetkeibaさんの予想オッズです。
人気馬名予想オッズ
1テイエムジンソク1.9
2ピオネロ4.4
3ロンドンタウン6.9
4クリノスターオー8.1
5モンドクラッセ11.9
6コスモカナディアン13.5
7リーゼントロック22.2
8メイショウスミトモ25.4
9オヤコダカ29.8
10リッカルド42.4
11ショウナンアポロン109.1
12サングラス125.7
13ヨヨギマック195.2
14ドリームキラリ296.7
15タマモホルン337.2
16マイティティー390.4
17ラインハート618.1

目下3連勝中で、重賞初制覇に挑むテイエムジンソク

前走のマーキュリーカップを含め、重賞では2着3回と、勝利まであとのところまできているピオネロ

前走平安ステークスの大敗から巻き返しを狙う、佐賀記念の覇者ロンドンタウン

過去3度、このエルムステークスに出走し2着、4着、2着と適正十分のクリノスターオー

と、ここまでが単勝オッズ一桁台となっています。


エルムステークス 2017 データ:前走G3組の注目傾向

本日は、予想オッズの上位馬たちにも該当している前走G3組の傾向について取り上げたいと思います。


気になっているのは、以下のデータです。
■前走G3組
1-4-2-16】(連対率21.7%、複勝率30.4%)


この全体成績から、前走着順別にざっくりと分けていくと…
・前走5着以内
1-4-2-6】(連対率38.5%、複勝率53.8%)


・前走6着以下
0-0-0-10


※データは2013年函館開催、2009年新潟開催を除く、過去10年分(数字上は8年分)。

以上のように、前走G3組からの好走馬7頭には、前走5着以内という共通点がありました。反対に6着以下の組は厳しい傾向となっています。



□前走G3組の該当馬
・前走5着以内
クリノスターオー(前走マーキュリーカップ 3着)
ドリームキラリ(前走マーキュリーカップ 4着)
ピオネロ(前走マーキュリーカップ 2着)

・前走6着以下

モンドクラッセ(前走アンタレスステークス 15着)
ラインハート(前走クイーンステークス 11着)
ロンドンタウン(前走平安ステークス 12着)

該当馬は以上6頭。

前走6着以下の組には、予想オッズの上位馬でもあるロンドンタウン、そこそこ人気になりそうなモンドクラッセが該当しています。

ロンドンタウンは先にも挙げた通り、前走こそ大きく崩れましたが、それ以外の重賞では堅実に走れている1頭。
モンドクラッセは昨年、このエルムステークスで3着の実績があり、鉄砲成績が【2-1-0-0】の中、約4ヶ月ぶりのレースとなりますので、この馬の臨戦過程としては良い印象を受けます。

なので、今回取り上げたデータが上手く機能してくれるのか若干疑わしいなと思っているところもあり、ここをどう考えるかで、予想の組み立て方も変わってきそうなので、非常に気になっている傾向とみています。




まだまだ半信半疑なところはあるんですが、良いデータ側に該当した中から注目したい1頭を、最後に挙げたいと思います。
A人気ブログランキング
(※クリノスターオーでした)
です。

前走は馬体変動、斤量差がある中でも十分に力は示してくれたと思います。今回は実績ある舞台に変わりますので、さらに良い走りを期待できるのではないかというところで、現時点での軸馬候補と考えています。


応援の方、よろしくお願い致します。
最新競馬ランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR:【“未来の的中率に確変を起こす”最新競馬データ
★競馬予想の特異点★

異次元の的中率で無限の可能性を引き出す
▼▼▼▼▼▼▼▼

最強競馬指数はココから無料登録!

うまコラボ