ダイヤモンドステークス(2019)の予想です。

今年は近年では最少頭数となる10頭立てと、頭数からは馬券的妙味はなさそうなレースにはなりますが、データの面からは買ってみたい馬が何頭かいますので、そこから中心に勝負していきたいと思います。

ダイヤモンドステークス 2018 予想

以下で挙げるデータは過去10年分です。

軸馬は、ユーキャンスマイル

このステイヤー路線がもっと混戦になっていれば、疑っていたかもしれないですが、今年のメンバー・頭数などを考えれば、この馬は外せないと考えました。

キングカメハメハ産駒なので生粋のステイヤーという感じはありませんが、走は万葉ステークスで2着、前々走は菊花賞で3着と、長距離実績は十分。またこのレースは追い比べになりやすり傾向にもある中、近3走は全て最速上がりの脚を使っていますので、同様の流れになってくれれば、この馬の末脚が活きてくるとみています。

またこのレースは当日1番人気が非常に強いレースで、6勝2着1回と好成績。着外だった3頭中2頭も4着に健闘しています。

主戦の武豊騎手からの乗り替わりには少し不安もありますが、極端な位置取りから競馬をする馬でもありませんし、レースのしやすそうな大外枠にも入れましたので、前をいく馬たちを目標に、中団あたりからじっくりと脚を溜めることができれば、近走と同様、最後の直線はしっかりと伸びてきてくれると期待しています。



相手となる対抗馬、穴馬は…
ララエクラテール
E[最強]競馬ブログランキングへ(※ピッツバーグでした)
の2頭。


この2頭は、前走から斤量減組のデータから注目しました。

前走から斤量減組の全体成績は【3-3-4-63】で、数字上は決して褒められる組ではないんですが、気になったのは、過去からの流れと近年の結果にあります。

この斤量減組は、2016年までは毎年のように好走馬が出てきていた組なんですが、ここ2年は4、5着までと、あと一歩の結果が続いています。ここ2年連続着外なので、3年連続着外となる可能性もあるんですが、これまで毎年のように好走馬が続いていた流れを考えれば、そろそろ好走の番が回ってきてもおかしくはないだろうと。そんなところから期待をしています。

斤量減組は複数の該当馬がいますが、前走内容からざっくりと好走する・しないを分けられるデータがありましたので、その条件を満たした2頭を選んだ形となります。


ララエクラテール
2600m戦での実績があるようにスタミナは豊富。前々走のステイヤーズステークスでも6着に健闘していますので、このメンバーであれば十分に上位争いに加われる力はあるとみています。


E[最強]競馬ブログランキングへ(※ピッツバーグでした)
血統的にも実績的にもやや厳しい印象はありますが、この馬は自分の競馬で気分良く走ることができれば、そこそこしぶとい馬ではないかとみています。
展開は向きそうですし、先週と同様の馬場になってくれれば、脚質的にはプラスに働きそうなので、しれっと3着あたりに残ってもらいたいと期待しています。



<ダイヤモンドステークス 2019 予想と買い目>
◎軸馬:ユーキャンスマイル
◯対抗馬: ララエクラテール
▲穴馬:E[最強]競馬ブログランキングへ(※ピッツバーグでした)

☆流し:3、5番以外

◎-◯、▲の馬連2点
◎-▲のワイド1点
◎-◯-▲、☆の3連複軸2頭流し6点



1日1クリック、応援いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
最強競馬ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ稼ぐ話
PR:【ーダイヤモンドS指数1位はどの馬なのか?!ー】

過去3年コラボ指数とダイヤモンドSは相性OK
推奨上位6頭の指数ですが、過去3年9頭中8頭入線。
ーーーーーーーーーーーーー
18年指数1位→6位→4位
17年指数1位→9位→2位
16年指数4位→1位→3位
ーーーーーーーーーーーーー
そして指数1位は3年連続馬券の事実。上位4頭は抑えておくべきですね。
ダイヤモンドS、京都牝馬S、小倉大賞典、フェブラリーSの指数1位は無料公開あり!
→ダイヤモンドステークス指数1位を見る(無料)
メルマガ登録のみで無料確認可能!確認メールきたらクリックしてログイン!