■にほんブログ村トラコミュ
中日新聞杯(2016)
中日新聞杯データ分析

中日新聞杯のデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきます。
馬名性齢負担
重量
アドマイヤフライト
牡756.0
アルバートドック
牡457.0
アングライフェン
牡455.0
クルーガー
牡455.0
ケツァルテナンゴ
牡456.0
サトノアポロ
セ856.0
サトノノブレス
牡658.0
ショウナンバッハ
牡555.0
デウスウルト
セ855.0
バウンスシャッセ
牝555.5
ヒストリカル
牡757.0
ファントムライト
牡755.0
ブライトエンブレム
牡457.0
メイショウカンパク
牡952.0
メドウラーク
牡555.0
ヤマニンボワラクテ
セ555.0
ライズトゥフェイム
牡656.0
リメインサイレント
牝652.0
レコンダイト
牡655.0
ロンギングダンサー
牡753.0

以上、20頭が登録されています。

除外対象は…
ブライトエンブレム
リメインサイレント
の2頭。複数レースに登録している馬もいますので、回避馬が出てこれれば出走可能となります。

続いて、netkeibaの予想オッズです。
人気馬名予想オッズ
1アルバートドック3.0
2サトノノブレス4.7
3ブライトエンブレム5.8
4ヒストリカル8.4
5クルーガー10.2
6ケツァルテナンゴ14.0
7ショウナンバッハ14.4
8アングライフェン16.7
9バウンスシャッセ17.2
10ヤマニンボワラクテ19.9
※上位10頭を記載しています。


1番人気予想は、アルバートドック
4歳初戦となった前走小倉大 賞典では、最速上りで僅差ながらも勝利を収め、重賞初制覇となりました。今回初の中京舞台となりますが、父ディープインパクトは、中京競馬場が改装後、過 去4年で、2013年を除いて、計4頭の好走馬を出しており、コース成績もまずまずと、近走の勢い、血統面からは評価したい1頭となりますね。
少 し心配なのは、脚質面と初の左回りというところでしょうか。この4年の傾向としては、開幕週ながらも差し馬が届く傾向にはありますが、前走のような位置取 りだと少しこわいところもあるかなと。また左回りが初となりますので、すんなりとこなしてくれるとは思いますが、わずかでもロスが出れば、着順にも影響が 出ていそうかと。今後、もう少し上を目指すことを考えれば、通過しておきたいと思いますので、ここが試金石となりそうですね。


2番人気予想は、サトノノブレス
同じくディープインパクト産駒の1頭。昨年の小倉記念から勝ち星は遠ざかっていますが、その後、好走したレースは同じ中京舞台である金鯱賞。勝利にこそ届いていませんが、この金鯱賞を2年連続で好走していますので、舞台適正は高いものを感じますね。
ま た今回も58.0kgのトップハンデ。近走は背負わされながらも安定して走れていますので、斤量自体はそこまで気にはしていません。ただ、近走の着順が4 着、3着、3着と、一見、安定して走れているように見えますが、馬券対象としてはギリギリラインなので、穴馬なら飛びつくんですが、人気馬というところで は、扱いが悩ましい1頭となりそうです。


3番人気予想は、ブライトエンブレム
昨 年の弥生賞2着以来、好走からは遠ざかっていますが、デビューからこれまでタイム差的にはそこまで大敗はなく、安定して走れている印象がありますね。だか らこそある程度人気にはなるんでしょうが、好走から遠ざかっているというところで、ここもどうなのかなと少し疑ってしまいますね。
昨年活躍したキ タサンブラック、先々週のドゥラメンテと、今年は4歳馬の活躍が見られますので、同じ世代という括りをされているのだとは思いますが、それでも少し人気し 過ぎかなと。過去に中山や札幌で好走しているように、ある程度パワーが必要なこの中京は合いそうですが、気持ち的にはもう少し人気は下がってもらいたいで すね。


4番人気予想は、ヒストリカル
前走京都記念では最速上がりで4着と健闘。今年で7歳となりますが、前々走にはチャレンジカップで2着と好走しており、近走は特に安定した走りをみせていますね。
近 走内容からは、ここでも上位争いを期待したいところはありますが、先に挙げたアルバートドック同様に、少し脚質面には不安がありますね。またこちらも中京 舞台が初となりますので、その点は少し警戒したいところがありますね。脚質面、初の中京舞台ということを考えれば、イメージですが、アルバートドックと一 緒にこの馬が好走というのはなんかなさそうな気がしますね。


5人気予想は、クルーガー
デ ビューからこれまで4-2-2-1、着外1回は4着と、常に上位争いに加わっている安定馬。現在2連勝中と勢いもありますね。また3歳時に、京成杯でタイ ム差なしの3着と好走歴がありますので、今回は条件戦から参戦となりますが、重賞でもやれるだけの力はあるとみています。
クルーガーも、先に挙げた馬たちと同様に、中京舞台、左回りが初となりますので、ここをこなせるかがカギとなりそうですね。脚質的は、差し~先行といった形でこれまでレースを進めていますので、開幕週を味方につけれる位置取りを取れればチャンスは出てきそうですね。

以上が、予想オッズの上位5頭となります。


どの馬たちもなにかしら不安があるものの、データ派の私としては、サトノロブレスヒストリカルが現時点での軸馬候補と考えています。
共 通している点としては、当日人気になりそうな、前走G2戦組、ディープインパクト産駒というところですね。過去4年、毎年のように当日人気の前走G2組の 馬が馬券に絡んでいます。どちらも勝利しているイメージはあまり持てないものの、過去からの流れを考えれば、この2頭どちらかは馬券に絡んでくれそうか と、現時点ではそんな風に考えています。



最後に、現時点での穴馬候補を。B人気ブログランキング(※ファントムライトでした)です。
重賞では足りない印象も、近走内容は評価したい1頭。どこから競馬をしてくるか読めない馬ではありますが、近走の結果からは相手なりに走れるタイプに映っていますので、ここもチャンスがあるのではないかと注目しています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
うまコラボ