専ら軸馬 穴馬 2019 データ 血統 予想

【2019 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: CBC賞

CBC賞(2019)の予想です。

今年は相性の良い王道路線組の該当馬が2頭いますのでそこから中心に、お天気や馬場を味方につけてくれそうな馬たちを相手に勝負していきたいと思います。

CBC賞(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アウィルアウェイ 牝351.0浜中
アレスバローズ 牡757.5川田
キョウワゼノビア 牝652.0
グランドボヌール 牡554.0城戸
コパノディール 牝649.0
ショウナンアンセム 牡656.0藤岡康
セイウンコウセイ 牡658.0
タマモブリリアン 牝653.0西村淳
トウショウピスト 牡754.0酒井
ビップライブリー 牡656.0和田
メイショウケイメイ 牝350.0秋山
ラインスピリット 牡856.0
ラベンダーヴァレイ 牝651.0岩田望
レッドアンシェル 牡556.0福永
※騎手は想定です。

以上14頭が登録。全頭出走可能となります。

CBC賞の予想です。

今年は1回目のデータ分析で取り上げた好走データの該当馬を軸馬に、予想を組み立ていこうと考えていたんですが、現在のオッズからは、該当馬はアサクサゲンキ1頭のみとなります。

出走馬唯一の3歳馬ということで斤量の恩恵もあり、魅力ある1頭だとは思うんですが、中京競馬場改装後の過去6年、3歳馬は【0-0-0-9】と好走馬はまだ出てきていません。当日人気馬は内2頭しかいませんし、全体としても数は少ないので、そこまで気にすることはないかもしれないですが、好走馬が出てくるまでは避けたいかなと。

ということで、アサクサゲンキが好走したらそれは仕方なしと考えて、違う1頭から中心に今年は勝負したいと思います。

CBC賞のデータ分析です。

本日は、該当馬が1頭でも出走となれば好走馬が続いている、連続好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちから挙げていきます。

※データは、2012年中京競馬場改装後、過去6年分です。

CBC賞のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アクティブミノル 牡656.0
福永
アサクサゲンキ 牡353.0武豊
アレスバローズ 牡654.0川田
グレイトチャーター 牡654.0鮫島駿
コウエイタケル 牡754.0小牧
スノードラゴン 牡1058.0和田
セカンドテーブル 牡656.0水口
ダイメイフジ 牡456.0Mデムーロ
ダイメイプリンセス 牝554.0秋山
トーキングドラム 牡855.0松若
トウショウピスト 牡656.0
トシザキミ 牝748.0
ナガラフラワー 牝652.0高倉
ナリタスターワン 牡655.0太宰
フミノムーン 牡655.0国分優
ペイシャフェリシタ 牝554.0三浦
レーヴムーン 牡553.0
ワンスインナムーン 牝554.0浜中
※騎手は想定となります。
※斤量は後ほど追記します。

以上18頭が登録されています。除外対象はいません。

CBC賞の予想です。

今年は昨年も注目した「芝1200mまたは1400mの重賞で連対経験がある馬」を中心に組み立てていきました。

過去5年(中京競馬場改装後)のデータとしては以下の通りとなります。
・芝1200mまたは1400mの重賞連対経験がある馬
3-3-5-25】(連対率16.7%、複勝率30.6%)

・芝1200mまたは1400mの重賞連対経験がない馬

2-2-0-37】(連対率、複勝率ともに9.8%)

昨年は、連対経験がない馬たちがワンツーフィニッシュという結果となりましたが、それまでは連対経験がある馬から各年2頭以上の好走馬が出てきていた流れとなりますので、今年は傾向戻りが見られるのではないかと考えました。


ということで、芝1200mまたは1400mの重賞連対経験がない、以下の該当馬たちは"流し"に回していきたいと思います。
オウノミチ
ラインスピリット
シャイニングレイ
ナリタスターワン
アリンナ
アルティマブラッド
タイムトリップ


現在人気を集めている馬たちが結構いるので、少々強引な気もしますが、この7頭の中からは好走馬が出てきても1頭までという想定のもと、ここに挙げていない馬たちから中心に勝負したいと思います。
カテゴリー

↑このページのトップヘ