■にほんブログ村トラコミュ
CBC賞(2016)
CBC賞 データ分析

CBC賞のデータ展望です。

まずは出走予定馬と想定騎手を挙げていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
エイシンブルズアイ
牡557.0石橋脩
サクラアドニス
牡853.0
サドンストーム
牡756.0C.ルメール
シンデレラボーイ
牡654.0
ジョディーズロマン
牝648.0
スノードラゴン
牡858.5大野
ベルカント
牝555.5藤岡康
ベルルミエール
牝553.0太宰
メイショウライナー
牡654.0秋山
ラインスピリット
牡555.0森一
ラヴァーズポイント
牝650.0
レッドファルクス
牡556.0M.デムーロ
ワキノブレイブ
牡656.0浜中
※騎手は予定となります。

以上、13頭が登録されています。全馬出走となりますが、今年は少頭数になりそうですね。

CBC賞 2016 予想オッズと上位人気馬考察

続いて、netkeibaさんの予想オッズと、上位人気馬についてみていきます。

人気馬名予想オッズ
1エイシンブルズアイ2.1
2ベルカント4.2
3スノードラゴン4.3
4サドンストーム9.3
5レッドファルクス11.7
6ワキノブレイブ19.6
7ベルルミエール24.1
8シンデレラボーイ27.7
9ラインスピリット36.9
10ラヴァーズポイント38.2
11メイショウライナー53.6
12サクラアドニス75.5
13ジョディーズロマン136.3


1番人気予想:エイシンブルズアイ

前々走オーシャンステークスで、自身初の重賞制覇。その勢いのまま、前走高松宮記念では5着と、G1舞台でもまずまず力を見せてくれましたね。このCBC賞は高松宮記念と同舞台となりますので、前走と同様の走りができれば、自ずと結果はついてくるのでは!?というところでしょうね。

前々走から手綱を取る石橋修騎手に代わってから、重賞制覇、G1で掲示板内と、相性が良さそうな点は評価したいところですが、鞍上と共に変わった部分として脚質面がありますね。それまでは好位からの競馬が多かったものの、ここ2走は後ろからの競馬となっています。後ろからの競馬になってから結果がついてきているので、変に文句をつけるつもりはありませんが、開幕週というところを考えると、位置取り、ペースによっては差し届かないということもありそうかと。



2番人気予想:ベルカント

昨年は北九州記念、アイビスサマーダッシュと重賞連勝を飾り、サマースプリントシリーズのチャンピオンに輝きました。その後G1スプリンターズステークス、京阪杯と人気になるものの結果は残せず。前走アルクォーツスプリントは、海外レースに初挑戦となりましたが、12着と敗れています。

近走の内容からは少し手が出しづらい印象がありますが、昨年は夏に大活躍した馬ですし、3歳時には桜花賞後、このCBC賞に出走し、5着と健闘しています。近走の結果は適性面もあったと思いますので、そこまで気にしてはいませんが、より気になっているのは海外遠征帰りというところですね。間隔としては同じ週に行われてた高松宮記念組となんら変わりはありませんが、臨戦過程として稀なケースとなりますので、データ派の私としてはちょっと手が出にくいところがありますね。今週の動きや、土曜日の馬場次第では浮上してくる可能性もありそうですが、現時点では"流し"の1頭とみています。



3番人気予想:スノードラゴン

2014年高松宮記念の覇者で、同年スプリンターズステークス2着の実績馬。今年で8歳となりますが、2015年7歳時は1度もレースを使わず、今年初戦、先に挙げたエイシンブルズアイが優勝した、オーシャンステークスに参戦し3着と好走。ここ2戦は、ダート重賞に出走し、59kgのトップハンデながら5着、3着と健闘しています。

自身が同舞台である高松宮記念で2着と好走していますし、G1馬なので好走となっても不思議はありませんが、やはり年齢的や斤量を考えれば強くは推せないですね。脚質的にも、展開の恩恵が必要な馬となりますので、注意はしたいものの、この人気を考えれば、他の馬に目がいってしまいますね。



4番人気予想:サドンストーム

昨年、2013年と、このCBC賞で2度3着に好走しており、その他、重賞勝利はないものの、2、3着の好走歴がある実績馬。前走春雷ステークスでは、前をいく勝ち馬を捉えることはできませんでしたが、3着と好走しています。

今年で7歳となりますが、昨年の走りも含め、これまでの実績は評価したいですね。前走は重賞ではなかったものの、これまで好走歴がなかった中山舞台で、8番人気を覆し3着と好走していますので、まだ力を残っているところを示してくれたのではないでしょうか。これまでに重賞勝利には届いていないので、ここでいきなり勝つということは想像しにくいですが、過去のCBC賞の好走歴、昨年の高松宮記念でも4着と健闘していましたので、ここでの舞台替わりはプラスになりそうですね。人気ではあまり買いたくない馬ではありますが、引き続き、注意したい1頭とみています。

以上が、予想オッズの単勝オッズ一桁台の4頭となります。



この4頭の中では、迷うことなくエイシンブルズアイですね。
先にも挙げた通り、開幕週を考えれば脚質面は少し不安があるものの、近走の内容からは大崩れは想像できないですし、ここも上位には加わってくれると期待しています。また臨戦過程が非常に良い印象で、好走データにも該当していますので、引き継いでほしいというところでも期待したい部分がありますね(*・ω・)ノ。勝利は別として、堅実に走ってくれるだろうというところでは、文句なしの軸馬候補の1頭と考えています。




最後に、穴馬候補としては、A人気ブログランキング(※ベルルミエールでした)が気になっています。

過去に何度か穴馬にして失敗している馬ではあるんですが、だからこそまた気になっていますね(●´ω`●)。近走の内容としても厳しい印象ではありますが、現時点では、そこまで実績馬が揃わない上、少頭数となりそうなので、わずかながら期待したい1頭とみています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ