■にほんブログ村トラコミュ
アーリントンC(2016)
アーリントンCデータ分析

アーリントンカップのデータ展望です。

本日は、デビューして間もない、キャリアの浅い3歳馬だからこそ注目したい成績別のデータから、ある好走データを取り上げたいと思います。

この時期の3歳馬は、まだまだ成績的に底を見せていない馬が残っています。そこで注目したいのが、これまでに4着以下を取っていない複勝率100%をキープしている馬たちです。今年ももちろん該当馬がチラホラいますので、そこから好走傾向を探っていきたいと思います。ではまず、過去10年の成績から。
■複勝率100%馬
6-3-1-16(連対率34.6%、複勝率35.8%)

■4着以下がある
4-7-9-84(連対率10.6%、複勝率19.2%)

比較も兼ねて、4着以下を経験している馬たちの全体成績も、合わせて記載しています。

過去10年の中で、複勝率100%馬は該当馬が少ない年もありましたので、毎年好走馬が出てきているという訳ではありませんが、以上にように、差は明らかで、好成績となっています。



ではここから、この複勝率100%馬の全体成績から、絞り込みを行っていきます。まずはざっくりと、以下に分けていきました。
■複勝率100%馬(全体成績)
6-3-1-16(連対率34.6%、複勝率35.8%)

・連対率100%馬
4-1-1-11(連対率29.4%、複勝率35.3%)

・複勝率100%馬(※連対率100%馬を除く)
2-2-0-5(連対率、複勝率ともに44.4%)

分け方としては、連対率100%の成績をキープしているか、否かです。

今年の出走予定馬を見ていくと、複勝率100%の成績をキープしている該当馬たちは全馬、連対率100%馬となりますので、全体成績と比較すると少し率は下がりますが、この4-1-1-11(連対率29.4%、複勝率35.3%)の方に注目したいと考えています。もう少し率を上げるために、さらにここからもう一絞りしていきます。


アーリントンカップ 2016 好走データ

■連対率100%馬(全体成績)
4-1-1-11(連対率29.4%、複勝率35.3%)

この組の好走馬6頭には以下、共通する点がありました。
・前走2番人気以内
・前走ダート戦を除く


この2点を満たした該当馬のみに絞り込むと…4-1-1-4(連対率50.0%、複勝率60.0%)

これまでの成績が連対率100%をキープしている該当馬たちは、前走2番人気以内で、且つ前走芝レースに出走している馬が良い傾向となっています。数字上は、2頭いれば1頭は連対するというデータとなりますので、ここから入っていくのもひとつではないかと、現時点では考えています。


□連対率100%をキープしている該当馬
アーバンキッド(前走ジュニアC 1番人気2着)
ヒルノマゼラン(前走こぶし賞 1番人気1着)
ビップライブリー(前走3歳新馬 5番人気1着)
メイショウカネサダ(前走ごぎょう賞(ダート) 1番人気1着)
ロードブレイド(前走3歳新馬 4番人気1着)
の5頭。
※()内は、前走レース 人気、着順を記載しています。

この5頭の中で、先に挙げた好走データに該当しているのはアーバンキッドヒルノマゼラン

アーバンキッドは前走オープン戦、ヒルノマゼランは前走条件戦となりますので、シンプルに考えればアーバンキッドの方が良い印象となりますね。ただ、仮にアーバンキッドが凡走となれば、数字上はヒルノマゼランがカバーする形で好走する可能性もありますので、軸馬候補ならアーバンキッド、穴馬候補ならヒルノマゼラン、そんな形で現時点では考えています。

以上が、注目したい連対率50.0%の好走データとなります。



最後に、その他の好走データから、注目したい穴馬候補を。
D人気ブログランキング(※レオナルドでした)です。

前走はスタート直後スピードに乗れず、近走と比較すると、後ろからの競馬になってしまった印象。もう少し前で競馬ができていれば、もう少し上の着順を狙えたのではないかと、そんな風に映りましたね。
また前走レース別の傾向からも、好相性の組となっていますので、巻き返しを期待したい穴馬候補の1頭とみています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ