■にほんブログ村トラコミュ
青葉賞(2015)
青葉賞 データ分析

青葉賞のデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきいます。
馬名性齢負担
重量
騎手
ウェスタールンド
牡356.0川田
カカドゥ
牡356.0横山典
ストレンジクォーク
牡356.0柴山
スモークフリー
牡356.0戸崎圭
センチュリオン
牡356.0伊藤
タンタアレグリア
牡356.0吉田隼
ティルナノーグ
牡356.0田辺
トーセンアーネスト
牡356.0江田照
トーセンスパンキー
牡356.0小野寺
ビクトリーミノル
牡356.0藤岡康
フォワードカフェ
牡356.0田中勝
ブラックバゴ
牡356.0戸崎圭
マイネルサクセサー
牡356.0柴山
マサハヤドリーム
牡356.0酒井
ミュゼダルタニアン
牡356.0柴山
レーヴミストラル
牡356.0岩田
レッドライジェル
牡356.0柴田善
レトロロック
牡356.0福永
ヴェラヴァルスター
牡356.0
※騎手は予定となります。

以上、19頭が登録されています。

連対馬にはダービーの優先出走権が与えられます。そんな青葉賞は、私が競馬を始めた頃、ちょうどウオッカがダービー馬になった頃は、青葉賞とダービーはほとんど直結しないイメージがありました。しかし近年では…
2014年3着馬:マイネルフロスト(前走青葉賞6着)
2013年3着馬:アポロソニックト(前走青葉賞2着)
2012年2着馬:フェノーメノ(前走青葉賞1着)
2011年2着馬:ウインバリアシオン(前走青葉賞1着)

と、ここ4年は連続で、この青葉賞に出走していた馬たちが、その後ダービーで好走を続けています。皐月賞組は強力だと思いますが、この流れがありますので、注目したい1戦となりますね。



さて本日は、勝利馬探しです。
過去の10年の勝利馬から、注目したい点を見ていきたいと思います。まずは、複数共通点を見られましたので、その部分から。以下の通りです。
・前走6番人気以内
・前走上がり3Fタイム4位以内
・前走芝1800m以上のレースに出走
・前走0.4秒差以内(着順問わず)
・父ターントゥ系(サンデーまたはロベルト系)
・当日の馬体重が470kg以上
・前走レースが条件戦(
500万下)以上のレース出走(前走未勝利馬から勝利馬は出てきていない)
の7点。

これら7点は過去の勝利馬10頭全てが持ちあわせていた共通点となります。

ここに一つ、注目した点を加えていきます。それは…

芝2000m以上のレースで連帯経験がある

です。

勝利馬10頭中7頭はこれまでに芝2000m以上のレースで連帯経験がありました。ここに該当しなかった残りの3頭は…
2011年:ウインバリアシオン
2008年:アドマイヤコマンド
2005年:ダンツキッチョウ

ウインバリアシオンはラジオNIKKEI杯(芝2000m)で0.1秒差の4着とかなり惜しい結果。その他の好走は全て1800mでした。残りの2頭はデビューから100%連帯をキープしている安定馬でした。この3頭のように、重賞で好走歴があったり、デビューから安定して好走が続いている馬がいれば注意したいですね。

以上が、過去10年の勝利馬で注目したい点となります。注目点としては一つですが、共通点としては数多くありましたので、この傾向が今年も続いてくれればと考えています。


今年の出走予定馬の中で、今回挙げた共通点、そして注目点を全てクリアしているのは…
B人気ブログランキング(※ヴェラヴァルスターでした。)
カカドゥ
スモークフリー

B人気ブログランキング(※タンタアレグリアでした。)
の4頭。

良血馬レーヴミストラルや重賞好走歴のあるブラックバゴは父ターントゥ系ではありませんし、ディープインパクト産駒の素質馬レッドライジェルも馬体重の面で傾向から外れますので、上位人気に支持されるであろう可能性がある馬たちはここには該当していません。人気的にも面白い該当馬が残ってくれたのではないでしょうか。まだ検証を行っていきますが、現時点では、ここから軸馬と穴馬両方を出していけるのではないかと考えています。、

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
予想ランキングへブログの殿堂
人気ブログランキングへ