■にほんブログ村トラコミュ
アメリカJCC(2016)
AJCC データ分析

アメリカジョッキークラブカップのデータ展望です。

本日は、前走から負担斤量が減る、斤量減組に焦点を当てていこうかなと思います。


まずは比較も兼ねて、各斤量変化別の全体成績からみていきます。以下の通りです。
■斤量増組
2-3-4-35(連対率11.4%、複勝率20.5%)

■斤量減組
0-5-1-20(連対率19.2%、複勝率23.1%)

■斤量増減ナシ組
8-2-5-44(連対率16.9%、複勝率25.4%)
(データは過去10年)

比較と言いつつも、好走馬の数の差はあるものの、率的にはそこまで差はありません。

ここから絞り込みなどを行っていくと、各組、何かしらの好走データは出てくるんですが、今年、特に注目したいと考えているのが斤量減組となります。

出走馬の中で斤量減組の該当馬は…
アップルジャック
クランモンタナ
サトノラーゼン
ショウナンバッハ
ショウナンマイティ
フラガラッハ
マイネルフロスト
ヤマニンボワラクテ
ルルーシュ

の9頭。

登録馬が全馬出走となり、出走馬の中で最も該当馬が多くなるのが、この斤量減組となります。半数以上がここに該当するというところから、今年はこの斤量減組が予想のカギになってくれないかと、そんな風に考えています。


ではこの組の傾向から、いくつか注目したい点を見ています。

アメリカジョッキークラブカップ 2016 注目データ①

冒頭に挙げた斤量減組の全体成績は、0-5-1-20(連対率19.2%、複勝率23.1%)。2着は他の組よりも多く、最多数となっていますが、この10年、この組だけ勝利馬が出てきていません

この傾向は過去20年遡っても同じことが言え、過去20年の中で、斤量減組から勝利馬が出てきたのは2004年のダンツジャッジ1頭のみ。このダンツジャッ ジも前走57.5kg→57.0kgと、わずかな減しかありませんでした。

過去20年の中で、1頭しか勝利馬が出てきていないという、この傾向を考えれば、先に挙げた9頭から勝利馬を探していくのは少し違うのかなと感じています。


アメリカジョッキークラブカップ 2016 注目データ②

まずはこちらを。
2015年:0-0-0-6
2014年:0-0-0-4
2013年:0-1-0-4
2012年:0-0-1-2
2011年:0-1-0-0
2010年:該当馬ナシ
2009年:0-0-0-1
2008年:0-1-0-1
2007年:0-1-0-2
2006年:0-1-0-0
計:0-5-1-22

上記は、過去10年、斤量減組の各年別成績となります。

ここで気になった部分は…この組から2頭以上好走馬が出てきた年は一度もないという点です。

昨年は、斤量増減ナシ組の3頭が上位を独占。また斤量増組は2011~2009年の3年で、2頭以上の好走馬が出ていきており、一つ目に挙げた点と同様に、またまたこの組だけということになっています。

この斤量減組だけ1頭しか好走馬が出てきていませんので、この傾向が引き継がれれば、今年も1頭、もしくは1頭も出てこないなんてことも考えられるのではないでしょうか。


アメリカジョッキークラブカップ 2016 注目データ③

斤量減組(0-5-1-20)の好走馬6頭に共通した点から、以下のように絞り込んでいきました。

・斤量減組
・前走重賞レース組
・単勝オッズ30.0倍未満
この3点を満たした該当馬は→0-5-1-6(連対率41.7%、複勝率50.0%)

2頭に1頭は馬券になる好走データ。傾向としては、前走オープンや条件戦からは好走馬が出てきておらず、前走重賞に出走し、且つ当日ある程度、人気を集めた馬が良い傾向となっています。


当日の人気(単勝オッズ)はさておき、斤量減組の該当馬9頭を、前走重賞かそうでないかで分けていくと…
□前走重賞組
サトノラーゼン
ショウナンマイティ
フラガラッハ
マイネルフロスト
ルルーシュ


□前走オープン、条件戦組

アップルジャック
クランモンタナ
ショウナンバッハ
ヤマニンボワラクテ


と、ざっくりと半々に分けれます。

この傾向が引き継がれてくれるのであれば、前走オープン、条件戦組に入った馬たちには厳しい傾向と言えますね。当日の単勝オッズも含め、注目したいと考えています。

以上が、過去10年、注目したい斤量減組の傾向となります。

今年は斤量減組が9頭と、過去と比較して、最も該当馬が多い年となりますので、勝利馬が出てきたり、2頭以上の好走馬が出てきたりと、傾向があっさり破られてしまう可能性もありますが、反対にどこまで引き継いでくれるのかというところで、予想が的中する・しないに関わらず、注目したいデータと考えています。



最後に、今回挙げた点からは、斤量減組は「勝利馬ナシ」、「好走馬が出てきて1頭くらい」という傾向となっていますので、反対に斤量増組、斤量増減ナシ組の中から注目馬を挙げていきます。
D人気ブログランキング(※スズカデヴィアスでした)
です。

そこまで強調できる好走データは持っていないんですが、この距離では2-1-0-1と、距離適正というところでは高いものを感じています。展開面で少しでもこの馬にプラスに働いてくれれば、チャンスが出てくるのではないでしょうか。おそらく人気にもならないと思いますので、穴馬候補の1頭とみています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ