■にほんブログ村トラコミュ
アメリカJCC(2016)
AJCC データ分析

アメリカジョッキークラブCのデータ展望です。

まず出走予定馬を見ていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アップルジャック
牡856.0西田
クランモンタナ
牡756.0石川
サトノラーゼン
牡456.0岩田
ショウナンバッハ
牡556.0戸崎圭
ショウナンマイティ
牡856.0北村宏
スーパームーン
牡756.0内田博
スズカデヴィアス
牡556.0アッゼニ
ステラウインド
牡756.0蛯名
ディサイファ
牡757.0四位
フラガラッハ
牡956.0高倉
マイネルディーン
牡756.0柴田大
マイネルフロスト
牡556.0松岡
マイネルメダリスト
牡856.0柴田大
ヤマニンボワラクテ
セ556.0藤懸
ライズトゥフェイム
牡656.0石川
ルルーシュ
牡856.0福永
※騎手は予定となります。

以上、16頭が登録されています。

続いて、netkeibaさんの予想オッズです。
人気馬名予想オッズ
1ディサイファ3.6
2サトノラーゼン3.7
3マイネルフロスト4.4
4ライズトゥフェイム7.4
5ショウナンバッハ11.3
6ヤマニンボワラクテ12.1
7スズカデヴィアス15.8
8スーパームーン16.0
9ステラウインド21.9
10ショウナンマイティ32.9
11クランモンタナ48.0
12マイネルメダリスト68.1
13フラガラッハ92.1
14ルルーシュ125.1
15マイネルディーン125.1
16アップルジャック381.2


1番人気予想は、ディサイファ
昨年、このアメリカジョッキークラブカップでは0.4秒差の5着と敗れましたが、その後は天皇賞・秋以外、全てのレースで馬券に絡むという安定した走りを見せています。今年で7歳となりますが、近走の走りからはまだまだ力があるところを見せていますので、昨年以上の着順を期待したいところ。

年齢的なことを考えれば、あまり1番人気で買いたい馬ではありませんが、中京競馬場改装後、前走金鯱賞組は、1-0-2-2(複勝率20.0%、連対率60.0%)と好相性。また好走馬3頭は当日3番人気以内、着外2頭は9、10番人気と、くっきりと分かれ、前走金鯱賞組の当日人気馬は複勝率100.0%というデータとなっています。この傾向を考えれば無難に走ってきそうな気がしますね。


2番人気予想は、サトノラーゼン
京都新聞杯1着、ダービー2着の実績馬。菊花賞からの参戦で、今年初戦を迎えます。
過去10年、前走菊花賞組は該当馬が2頭しかいませんが共に2着と好走。少し該当馬が少ないですが、ディサイファ同様、前走レース別の傾向としては外せない1頭となっていますね。
このアメリカジョッキークラブカップと同じ舞台であるセントライト記念で人気を裏切っており、今回休み明けというところは状況が似ていますので、同じことが起こらないか少し心配なところはありますが、適性がない訳ではないと思いますので、今回は上位争いに加わってほしいですね。ただ、間隔を考えれば2、3着止まりとみています。


3番人気予想は、マイネルフロスト
前走中山金杯ではハナを切っての2着、ダービー3着以来の久しぶりの重賞好走となりました。近走も惜しい競馬が続いていたので、勢いを買いたいところはありますね。
少し心配しているのは、セントライト記念で9着、昨年のアメリカジョッキークラブカップで4着、オールカマーで9着と、同舞台の重賞では全て敗れている点で、相性が良くない印象を受けています。もちろん、この3戦は全て位置取りが後ろとなっていますので、(差し競馬が悪いという訳ではないですが)前走のような先行策に出れれば引き続き、チャンスがありそうかと。


4番人気予想は、ライズトゥフェイム
前走中山金杯は自身初の重賞挑戦で、メンバー中最速の上がりを出しましたが4着と、あと一歩届かず。少し位置取りが後ろ過ぎた印象がありますね。
ここ3戦全て上がり最速を出せているように、最後に飛んでくる魅力はありますが、やはり展開面の恩恵と、自身の位置取りが咬み合わないと厳しいとみています。掲示板内を含め上位争いには加わってくると思いますが、あえてこの馬を選びたい理由はないですね。


5番人気予想は、ショウナンバッハ
前走ジャパンカップからの参戦となりますが、これまでの成績的にはオープン以上での実績はなく、当日はもう少し人気が下がるのではないかとみています。
芝2200mは1-0-1-0と馬券内をキープしているので距離適性は高そうですが、実績がない点、追込脚質というところでは、ライズトゥフェイム同様に、あえて選びたい理由は現時点ではありませんね。

以上が、予想オッズの上位5頭となります。


この5頭の中で、最も注目しているのはサトノラーゼン
前走レース別のデータ的にはディサイファの方が良い印象もあるんですが、距離適性、実績、脚質などを加味すると、サトノラーゼンの方がわずかに魅力を感じています。先にも挙げた通り、この馬が勝つというイメージはあまり持っていないんですが2、3着は手堅いのではないかと考えています。



また穴馬候補としては、B人気ブログランキング(※スーパームーンでした)が気になる1頭。
パッ見の印象としては力が足りない印象もありますが、非根幹距離での実績もありますし、臨戦過程と前走の内容が好印象。またディサイファやサトノラーゼンと同様、該当馬は非常に少ないものの過去10年、複勝率100.0%の好走データに該当していますので、データ面からも合わせて注目したい1頭と考えています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ