専ら軸馬 穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 愛知杯

愛知杯の予想です。

波乱傾向もあるレースなので様々悩みましたが、今年は昨年不発に終わったある血統面に再度注目したいと思います。まずはその血統面について挙げていきます。

※データは、時期変更後も含まれますが、2012年中京競馬場に舞台が変わってからの過去5年分です。

愛知杯のデータ分析です。

まずは出走予定馬から
馬名性齢負担
重量
騎手
アンドリエッテ 牝652.0鮫島駿
エテルナミノル 牝554.0四位
オートクレール 牝753.0
キンショーユキヒメ 牝553.0秋山
ギモーヴ 牝552.0藤岡康
クィーンチャーム 牝653.0中谷
クインズミラーグロ 牝654.0
ゲッカコウ 牝554.0丹内
コパノマリーン 牝551.0井上
サンタフェチーフ 牝653.0M.デムーロ
シャルール 牝654.0北村友
タニノアーバンシー 牝552.0松若
ハッピーユニバンス 牝652.0池添
ブラックオニキス 牝452.0松山
マキシマムドパリ 牝656.0藤岡佑
メイズオブオナー 牝450.0
リーサルウェポン 牝748.0
リカビトス 牝451.0吉田隼
レーヌドブリエ 牝651.0
レイホーロマンス 牝551.0岩崎
ロッカフラベイビー 牝653.0古川
ワンブレスアウェイ 牝554.0津村
※騎手は想定となります。

以上、22頭が登録されています。

フルゲート18頭立てで…
アンドリエッテ
レーヌドブリエ
ギモーヴ
サンタフェチーフ
の4頭が除外対象となります。

■にほんブログ村トラコミュ
愛知杯(2017)
愛知杯 データ分析

愛知杯の予想です。

小雪が降る中でなんとか開催となってくれました。雪が積もるほどではないもののある程度馬場が渋ることを想定していますので、ここは前につけれるであろう馬たちを中心に勝負したいと思います。

■にほんブログ村トラコミュ
愛知杯(2017)
愛知杯 データ分析

愛知杯のデータ展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アンジェリック
牝651.0横山和
アンドリエッテ
牝552.0
ウインリバティ
牝651.0松山
カゼルタ
牝551.0
クインズミラーグロ
牝553.0藤岡康
クリノラホール
牝453.0北村友
ゴールドテーラー
牝750.0岩崎
サブトゥエンティ
牝548.0
サンソヴール
牝652.0津村
シャルール
牝555.0フォーリー
ダイワドレッサー
牝454.0川須
ヒルノマテーラ
牝655.0四位
プリメラアスール
牝552.0
マキシマムドパリ
牝553.0岩田
マラムデール
牝650.0
リーサルウェポン
牝650.0川島
レーヴデトワール
牝649.0
※騎手は予定となります。

以上、17頭が登録されています。フルゲート18頭立てとなりますので、全馬出走可能です。

■にほんブログ村トラコミュ
愛知杯(2016)
愛知杯 データ分析

愛知杯の予想です。

これまでは年末に行われていた愛知杯ですが、今年は少し開催時期がずれ1月開催となりました。

大きな変化としては、今週からBコースに変わること。また開幕週となりますので、シンプルな考えではありますが、これまで京都で行われた重賞レースのように内、馬番一桁台の馬を中心に組み立てていこうと思います。

またこれまで波乱傾向となっていますので、開催時期が少しずれたからといって、いきなり堅く決まることもないと判断し、内を取れた馬たちを中心に、人気馬と下位人気馬を組み合わせて勝負したいと思います。ではまず軸馬から。

■にほんブログ村トラコミュ
愛知杯(2016)
愛知杯 データ分析

愛知杯のデータ展望です。

これまで12月の暮れに開催されていた愛知杯ですが、今年からは少し時期がずれての開催となります。開催時期が少しずれただけなので、そこまで変化はないとみていますので、ここ3年の結果、傾向から注目したい点を本日は3つ、みていきたいと思います。


まずは過去3年の結果から。
中京競馬場改装後過去3年、好走馬の当日人気と出走数、天候・馬場
1着馬 2着馬 3着馬 出走数 天候 馬場
2014 1番人気 2番人気 10番人気 18頭
2013 12番人気 14番人気 13番人気 18頭
2012 7番人気 10番人気 2番人気 18頭 稍重

昨年こそ1、2番人気馬が連対となりましたが、ここ3年、毎年のように二桁人気馬の好走が見られ、波乱の結果が続いています。この傾向がどこまで続くのか注目したいですね。
カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ