■にほんブログ村トラコミュ
愛知杯(2017)
愛知杯 データ分析

愛知杯のデータ展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アンジェリック
牝651.0横山和
アンドリエッテ
牝552.0
ウインリバティ
牝651.0松山
カゼルタ
牝551.0
クインズミラーグロ
牝553.0藤岡康
クリノラホール
牝453.0北村友
ゴールドテーラー
牝750.0岩崎
サブトゥエンティ
牝548.0
サンソヴール
牝652.0津村
シャルール
牝555.0フォーリー
ダイワドレッサー
牝454.0川須
ヒルノマテーラ
牝655.0四位
プリメラアスール
牝552.0
マキシマムドパリ
牝553.0岩田
マラムデール
牝650.0
リーサルウェポン
牝650.0川島
レーヴデトワール
牝649.0
※騎手は予定となります。

以上、17頭が登録されています。フルゲート18頭立てとなりますので、全馬出走可能です。
PR 【いい流れの時に参考にするのがベスト!】
<2017年シンザン記念週の的中報告>
■無料予想:01月05日中山10R 招福ステークス 的中!
三連単 提供点数 48点 獲得:105,400円

■有料予想:01月07日京都12R 4歳上1000万円以下 的中!
馬単 提供点数 3点 獲得:1,532,600円

競馬サイトを信頼してもらう方法、それは「結果!」です!

まずは「無料」で試してみてください!
(※メールアドレスだけで簡単無料登録できます)


愛知杯 2017 予想オッズ

続いてnetkeibaさんの予想オッズです。
人気馬名予想オッズ
1マキシマムドパリ3.9
2シャルール4.0
3ヒルノマテーラ5.5
4クインズミラーグロ6.9
5アンドリエッテ8.6
6クリノラホール8.9
7プリメラアスール9.7
8ダイワドレッサー12.6
9リーサルウェポン25.1
10ウインリバティ51.8
11レーヴデトワール55.6
12ゴールドテーラー92.7
13サンソヴール158.8
14アンジェリック218.2
15カゼルタ237.5
16サブトゥエンティ305.4
17マラムデール337.6

クイーンS、福島牝馬Sで2着の実績を持つシャルール
昨年の愛知杯で4着と健闘したマキシマムドパリ
マーメイドS2着馬ヒルノマテーラ
前走でマキシムドパリを破ったクインズミラーグロ
前走は休み明け、且つ+24kg増で3着と好走したアンドリエッテ
条件戦を3連勝と勢いに乗るクリノラホール
前走エリザベス女王杯で逃げて5着と健闘したプリメラアスールと、
ここまでの7頭が単勝オッズ一桁台となります。

かなり割れた予想オッズとなっていますね。当日の人気もこうなるのか気になるところ。


愛知杯 2017 注目血統

本日は、小倉から開催場所が移り、中京競馬場改装後、過去4年(2015年は愛知杯自体が未開催)の中で、毎年好走馬が出てきているある血統ついて注目したいと思います。


まずは、過去4年の好走馬たちから。
■2016年
2着(5番人気):リーサルウェポン
3着(4番人気):アースライズ

■2014年
2着(2番人気):キャトルフィーユ
3着(10番人気):スイートサルサ

■2013年
1着(12番人気):フーラブライド
2着(14番人気):キャトルフィーユ
3着(13番人気):コスモネモシン

■2012年
1着(7番人気):エーシンメンフィス

以上、8頭。

この8頭は共通して…Sir Ivor または Sir Gaylordを内包していました(5代血統表内)。

各年、その他の該当馬を含め、内包馬全体の成績は2-3-3-11(連対率26.2%、複勝率42.1%)とまずまず。上記のように、ここ4年連続して好走馬が出てきている傾向となっています。

血統面で言えば、グレイソヴリンニジンスキー系内包馬もよく活躍してる傾向となりますので、注目したいところではあるんですが、昨年なんかで言えば、グレイソヴリン系内包馬は8頭もの該当馬がいたにも関わらず、好走馬は1頭も出てこず…。該当数や継続して好走馬が出てきているというところでは、Sir Ivor または Sir Gaylordの方に、より注目したいと考えています。



■Sir Ivor または Sir Gaylordを内包した該当馬(5代血統表内)
アンドリエッテ(牝5)
リーサルウェポン(牝6)
レーヴデトワール(牝6)
の3頭。
※()内は年齢を記載。

別のレースにも登録している馬がいるので、さらに該当馬は少なくなりそうですが、データが継続してほしいというところでも、ここから最低1頭は好走馬を期待したいところがありますね。

以上が、中京競馬場改装後、過去4年の結果から注目したい血統面となります。



今回挙げた内包馬3頭以外に、5代血統表には入っていないものの、少し遡ればSir Ivor または Sir Gaylordを内包している該当馬が1頭いますので、最後に挙げたいと思います。
C人気ブログランキング
(※クリノラホールでした)
です。

近走の使われ方は少々気にはなりますが、馬自身は充実期に入ったと思いますので、ここでの活躍を期待したい軸馬候補の1頭と考えています。


応援の方、よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ