今週も土曜日は重賞がありませんが、京都のメインレース、アルデバランステークスに方に参加したいと思います。


アルデバランステークス 2018 予想

軸馬は、C人気ブログランキング(※ラインルーフでした)。
出走たちを見渡していくと、今年は差し馬・追込馬多い印象。展開的には先行馬が有利に働きそうなので、先行してこそのこの馬に期待したいと思います。

この馬自身、これまでの成績からは安定感こそありませんが、最終コーナーで3番手以内につけれたレースでは、ほぼほぼ好走しています。メンバー構成からは、そこまで先行争いが激しくはならないと想定していますので、最終コーナーまでバテずに走ることができれば、この馬の好走パターンにハマるのではないかと考えました。

人気にはなるでしょうが、近走も先行策からしっかりと結果を残していますので、ここは逆らわず、引き続きを期待したいと思います。




相手には置きたい、対抗馬、穴馬は…
シャイニービーム
サンマルデューク
ドラゴンバローズ

の3頭。

前走東海ステークス組の3頭となります。

前走東海ステークス組は【2-1-3-12】(連対率16.7%、複勝率33.3%)で、数字としてはそこまでなですが、その年に該当馬が2頭以上出走すれば、最低1頭以上は好走馬が出てきている傾向となります。
昨年は上位4頭全馬が、前走東海ステークス組で、1、9、3番人気で決着、穴馬も好走しています。
※データは、1900mに変更された2010年以降、過去8年分です。

今年は3頭いますので、該当馬の数からは傾向が引き継がれるのではないかと注目しています。


どの馬たちも前走は少々負け過ぎなところが不安でもありますが、実績馬が多数出走していたハイレベルなG2戦でしたので、今回のクラス、メンバーであれば巻き返しも可能とみています。
前日オッズからは、どの馬たちもそこまで人気にはならなさそうなので、最低でも1頭くらいは馬券内を期待したいですね。



<アルデバランステークス 2018 予想と買い目>
◎軸馬:C人気ブログランキング
(※ラインルーフでした)
◯対抗馬:ドラゴンバローズ
▲穴馬1:シャイニービーム
△穴馬2:サンマルディーク
☆流し:3、4、6、7、8、12、16番以外

◎ - ◯、▲、△の馬連3点。
◎ - ◯、▲、△ - ☆の3連複フォーメーション21点。



応援の方、よろしくお願い致します。
最新競馬ランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR:【馬券内は意外にわかりやすかった】荒れる東京新聞杯と安定のきさらぎ賞
東京新聞杯、きさらぎ賞のある指数データの結果です。


■東京新聞杯の見解
2017年~2014年までの結果をみると
一見大荒れのように見えます。
しかし、僕の見解では2017年と2016年の結果だけで十分です。
理由は、指数というのはデータの蓄積。年々精度が上がります。
2017年万馬券、2016年30万馬券、
2015年と2014年は10万馬券ほどの決着です。
注目点は【指数1位~4位まで】
2015年と2014年は10万馬券ほどの決着でしたが指数はボロボロ。
しかし、年々精度は上がり、
2016年は30万馬券になりながらも指数3位4位が1着2着と好成績。
精度が上がってきている証拠です。
2017年は万馬券決着でしたが、
指数1位~4位でしっかりと3連単を的中させてきています。

東京新聞杯の指数は日曜当日昼、
サイト運営者「北条のブログ」にて無料公開されますのでお楽しみに。
→ 無料会員登録ページ

■きさらぎ賞
このレースは安定的中です。
堅いのでそこまで配当に期待はできませんが、
注目点は【指数1位~3位】
2017年4着は指数1位、2014年4着は指数3位。
指数1位~3位が2014年から毎年4着まで占めている結果となっています。
2017年1着だった単オッズ17.2倍、6人気アメリカズカップ。
距離適性はどう見ても1,800m。きさらぎ賞にばっちりハマっていた馬でした。
こんな穴馬が今年の出走馬にもいたら、
買い目にプラスしてもいいかもしれません。

きさらぎ賞の安定的中の3連単買い目はコチラから
→ 無料会員登録ページ

実は先週、このデータの的中精度について話をしました。
【三連単的中率平均40%。東京は50~70%まで飛躍】
先週の27日土曜日結果、その通りになりました。
やっぱり東京に強い。
12レース中7レース3連単的中 的中率58.3%
6頭BOXの120点で買っても、
回収率125.3%(36,560円勝ち)
5頭BOXの60点でも東京は十分、
回収率250.7%(108,560円勝ち)




ぜひ注目してみてください。
→ 無料会員登録ページ


うまコラボ