■にほんブログ村トラコミュ
根岸S(2015)
根岸Sデータ分析
シルクロードS(2015)
シルクロードSデータ分析

根岸ステークス、シルクロードSの回顧です。

シルクロードステークスでは対抗に挙げた2頭アンバルブライベンサドンストームが連帯し、単勝的中!も、セイコーライコウはヒモ抜け( ̄0 ̄;))。
根岸ステークスでは軸馬エアハリファと穴馬アドマイヤロイヤルが好走し、単勝、複勝、3連複の的中となりました (´▽`)。そんな予想は以下の通りです。
<根岸ステークス 2015 予想>
◎軸馬:6エアハリファ
◯対抗馬:9キョウワダッフィー
▲穴馬1:H人気ブログランキング(※サトノタイガーでした。)
△穴馬2:H人気ブログランキング(※アドマイヤロイヤルでした。)
☆流し:3、5、7、10、12、15番以外

<シルクロードステークス 2015 予想>
◎軸馬:G人気ブログランキング(※ベルカントでした。)
◯対抗馬1:2サドンストーム
▲対抗馬2:3アンバルブライベン
△穴馬:G人気ブログランキング(※バクシンテイオーでした。)
☆流し:6、8、12、13、15、16、17番以外


まずは根岸ステークスから。
ワイドバッハではなくキョウワダッフィーを推奨した部分など反省点はあるんですが、今回の見直し点として、なぜアドマイヤロイヤルを選べたかというというところですね。

はじめに注目したのは当日の傾向があります。予想記事にも少し書きましたが、今日、同じ舞台で行われた2Rで、11番人気、12番人気、13番人気という大波乱のレースがありました。この2Rの好走馬の父は全てミスプロ系という結果。これは買わなくてはいけないということで、再度予想を組み直していく必要があると思いました。

今回父ミスプロ系だったのは、
サトノタイガー
ポワゾンブラック
マルカフリート
キョウワダッフィー
キョウエイアシュラ
アドマイヤロイヤル

の6頭。

ここからは自分のデータを信じて、この6頭の内、穴馬展望でも名前を挙げたのが、サトノタイガーポワゾンブラックマルカフリートアドマイヤロイヤルキョウエイアシュラの5頭。これに加えて、展望で挙げた注目点の一つであるダート1200m~1400mで重賞連対馬で“なかった”のがポワゾンブラック、ここで1頭脱落。残った4頭の中では、東京の適性という部分から、全く走れていなかったマルカフリートキョウエイアシュラを流しに回す形となりました。

そして残ったのが、サトノタイガーアドマイヤロイヤルの2頭となります。またこの2頭は父キングカメハメハ産駒ということで、いつもながらのどちらかが好走してくれればというところに落ち着きました。予想記事を書いて、オッズを見た時は、アドマイヤロイヤルは正直ヤバイなと思いましたが、結果として、全く人気のない方が好走してくれた部分は運が良かったと思いますね (´▽`)。

今回は、展望で見ていった傾向がある程度出てきてくれたところがありますので、来年はここからもう少し絞り込みができればと思います。



続いて、シルクロードステークス
こちらは、なんといってもセイコーライコウを消してしまった部分が反省点となりますね。外枠というところと、脚質面でバッサリ切ってしまいましたが、穴馬展望で挙げた3点の内2点はクリアしていました。

穴馬の展望で挙げた注目点は…
・近3走以内に0.3秒差以内
・近3走以内に3着以内の好走歴
・芝1200m~1400mの古馬重賞レースでの連対実績

の3点。

最後の部分だけクリアしていませんでしたが、単純に芝1200mから、芝1000mに少しだけ幅が増えただけですね。。。来年からは少し幅をもたせたいと思います。
一つ救いだったのは、穴馬展望の最後に挙げた馬たちの中で、出走できた馬たちは3頭おり、その内2頭が4、5着だったので、この傾向は来年も使っていきたいと思います。

また結果として、今回は注意したかった父ミスプロ系の2頭を推奨し、その2頭が連帯する結果となった部分は良かったんですが、今年は該当馬も多かったというところで、推奨する形となりましたが、来年はまた不振の年になるかも知れませんので、その部分は覚えておきたいと思います。



さて来週は、きさらぎ賞です。
クラシック登竜門の一つで、大好きなレースの一つ。今年はついにあの馬が出てきてくれるとということで、1週間前からの軸馬候補と考えています。それは…A人気ブログランキング(※ルージュバックでした。)

そして、もう1頭大物感があるこの馬も注目したいですね。A人気ブログランキング(※ポルトドートウィユでした。)

登録数もわずかですし、かなり堅い決着になるかも知れないですが、今後のクラシックに向けても注目したい1戦となりますね。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
予想ランキングへブログの殿堂
人気ブログランキングへ