■にほんブログ村トラコミュ
シルクロードS(2015)
シルクロードSデータ分析

シルクロードSのデータ展望です。

まずは出走予想馬をみていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アイラブリリ
牝653.0バルジュー
アンバルブライベン
牝655.5田中健
エアウルフ
牡856.0福永
エイシンブルズアイ
牡456.0福永
カオスモス
牡556.0尾島徹
カフェシュプリーム
牡654.0川田
クリーンエコロジー
牡753.0和田
ゴーイングパワー
牡654.0和田
サカジロロイヤル
牡755.0国分優
サドンストーム
牡656.0秋山
スギノエンデバー
牡756.0小牧
スズカセクレターボ
牡754.0小牧
セイコーライコウ
牡857.0柴田善
ニザエモン
牡754.0
ハノハノ
牡755.0柴山
バクシンテイオー
牡654.0福永
ブルーストーン
牝451.0吉田隼
プリンセスメモリー
牝854.0後藤
ヘニーハウンド
牡756.0菱田
ベステゲシェンク
牡554.0北村宏
ベルカント
牝454.0武豊
ホウライアキコ
牝453.0和田
マコトナワラタナ
牝653.0川田
マジンプロスパー
牡858.0小牧
メイショウツガル
牡754.0津村
ランリョウオー
セ854.0ブノワ
ルナフォンターナ
牝654.0岩田
レオンビスティー
牡653.0川須
ローブティサージュ
牝555.0三浦
ロングロウ
牡853.0四位
ワキノブレイブ
牡556.0内田博
※騎手はまだ確定していません。

以上、31頭が登録されています。

京阪杯で重賞初勝利を掴んだアンバルブライベン、そのアンバルブライベンを前走淀短距離Sで破ったエイシンブルズアイ、近走は案外も重賞実績馬であるセイコーライコウベルカントローブティサージュらが人気を分け合いそうですね。



本日は勝利馬傾向ということで、過去10年の勝利馬傾向をみていきます。今回注目したい点は…
・前走内容
・重賞実績
・当日人気

の3点です。

一つ目は前走内容。ざっと挙げるとこんな感じです。
・10頭中8頭は前走3着以内に好走
・10頭中8頭は前走のタイム差が0.2秒差以内
・10頭中7頭は前走上がり3Fタイム3位以内
の3つ。

勝利馬10頭中8頭はこの3つの内2つ以上をクリアしていました。好走しかり、上がりの脚しかり、タイム差しかりしっかりと前走は好走している馬が良い傾向となりますね。この3つの内1つだけ、また1つも該当できなかったのは、2010年のアルティマトゥーレ、2006年のタマモホットプレイの2頭。
アルティマトゥーレは、前走京阪杯8着、スプリンターズ5着と好走から遠ざかっていましたが、この2戦は共に1番人気。3走前にセントウルSで勝利を収めていました。
タマモホットプレイは、前走淀短距離Sで9着も、前々走アロンドロメダSで2着と好走。それ以前はずっと重賞に出走しており、結果を出せていませんでしたが、スワンSの勝利馬でした。

この2頭に共通する部分としては…
・G2勝利馬
・G1出走経験
・当日4番人気以内

の3点。

近走は案外もしっかりと重賞実績があり、それを当日も評価されていた馬がいれば注意したいですね。


二つ目は、重賞実績
勝利馬10頭中8頭は重賞での好走歴があり、内訳としては重賞勝利馬6頭、重賞連対馬は2頭と、連帯以上の実績が良い傾向となります。

重賞連対馬でなかったのは、2009年のアーバンストリートと2007年のエムオーウィナー
アーバンストリートは、近3走全て3着以内と好走が続いており、且つ上がり3Fタイムも3戦全て2位以内をキープ。エムオーウィナーは、先行馬ということで上がり3Fタイムは上位ではなかったものの、2戦連続で3着以内と好走していました。共に近走好走が続いており2戦以内に勝利を収めていた点が共通点となります。


最後には、当日人気
勝利馬10頭中8頭は当日4番人気以内に支持されていた馬となります。ここに該当しなかった2頭は、先に挙げたアーバンストリートエムオーウィナー、共に当日7番人気からの勝利となります。ハンデ戦に変わってから1度、二桁人気馬が勝利したこともありますが、それ以外は7番人気以内となりますので、その中でこの2頭のように近走着外がなく好走が2戦連続以上続いている馬がいれば注意したいですね。

以上が、過去10年の勝利馬で注目したい点となります。


出走予定馬の中で、今回挙げた点から注目したいのは…
ホウライアキコ
B人気ブログランキング(※ベルカントでした。)
ローブティサージュ
B人気ブログランキング(※サトノタイガーでした。)
の4頭。

当日人気になるであろうエイシンブルズアイアンバルブライベンはあえて外しました。好走の可能性は十分にあると思うんですが、勝利馬ではないかなと。エイシンブルズアイは重賞勝利がなく、2走前に京洛Sで4着となっているところから、ここを落としてもなんら不思議ではないかと。また過去の傾向から逃げ馬は勝利ではなく2、3着になることが傾向として多いというところから、アンバルブライベンも好走しても2、3着止まりなのではないかと考えています。先団グループ、好位で競馬できる馬が勝利をつかむのではないかと現時点では考えています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
予想ランキングへブログの殿堂
人気ブログランキングへ