■にほんブログ村トラコミュ
京都牝馬S(2015)
京都牝馬Sデータ分析

京都牝馬Sのデータ展望です。

まずは過去10年の結果から見ていきます。
<過去10年(2014年~2005年)、好走馬の当日人気>
1着馬 2着馬 3着馬 天候 馬場 出走数
2014 2番人気 1番人気 5番人気 16頭
2013 1番人気 2番人気 10番人気 14頭
2012 2番人気 1番人気 3番人気 16頭
2011 5番人気 1番人気 9番人気 16頭
2010 1番人気 7番人気 2番人気 稍重 15頭
2009 6番人気 7番人気 1番人気 稍重 14頭
2008 2番人気 9番人気 6番人気 13頭
2007 1番人気 8番人気 3番人気 16頭
2006 4番人気 5番人気 9番人気 16頭
2005 4番人気 3番人気 1番人気 15頭
※上位5頭の人気馬を色分けしています。

1番人気は、過去10年で8回好走と比較的信頼度が高いですね。2006年に1~3番人気の馬が飛ぶ結果となりましたが4、5番人気馬が連帯し、完全に人気馬が飛ぶということはほとんどありません。また二桁人気馬も13頭立ての少頭数の時に1回と、基本は一桁人気馬だけで決着することが多い傾向となりますね。今年は珍しくフルゲート18頭立てとなりますので、この流れが変わらず一桁人気馬だけで決着してくれれば絞りやすいんですが、どうなるか注目ですね。


さて、本日は穴馬探しとなりますので、いつも通り過去10年、6番人気以下で好走した9頭を見ていきました。まず注目したい点としては、近3走以内に4着以内の馬という点があります。これはこの9頭全馬共通していたい点となります。


ここからはいつもながら無理くりとなりますが、この点をクリアできた馬たちを2つのグループに分けていきました。それは重賞好走歴がある馬とそうでない馬です。好走馬9頭中6頭はこれまでに重賞レースで3着以内の好走歴がありました。当日の人気はなくとも、これまでに重賞で通用していた=力がある馬ということが考えられますね。

そして残りの重賞好走歴がない3頭についてですが、この3頭には以下の共通する点がありました。
・前走より斤量減
・近2走以内に連帯
・近3走位内に上がり3Fタイム3位以内
の3点。

上がりの脚もしっかりしており、近走好走、そしてその上で斤量面での恩恵があると、この3点が揃った馬が良い傾向となっていました。

以上が、この10年、6番人気以下で好走した9頭から注目したい点となります。


今年の出走馬の中で、これらに該当するのは…
■重賞好走歴アリ
キャトルフィーユ
ウリウリ
アロマティコ
D人気ブログランキング(※フォーエバーモアでした。)
ベルルミエール
の5頭。

■重賞好走歴ナシ

D人気ブログランキング(※シャイニーガールでした。)
の1頭。

当日人気になるであろう馬たちが残ってしまいましたので、その中でも6番人気以下になりそうな該当馬が現時点での穴馬候補と考えています。あとは枠順次第ですね。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
予想ランキングへブログの殿堂
人気ブログランキングへ