専ら軸馬 穴馬 2019 データ 血統 予想

【2019 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

October 2019

みやこステークス(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アドマイヤビクター 牡456.0和田
アナザートゥルース セ557.0大野
アングライフェン 牡756.0北村友
インティ 牡559.0川田
ウェスタールンド セ756.0スミヨン
キングズガード 牡856.0秋山
コスモカナディアン 牡656.0
サトノプライム 牡556.0
ジョーダンキング 牡656.0岩田康
スマハマ 牡456.0藤岡佑
スワーヴアラミス 牡456.0シュタルケ
ダンツゴウユウ 牡556.0
テーオーエナジー 牡457.0藤岡康
ノーヴァレンダ 牡354.0和田
フェニックスマーク 牡556.0
マイネルユキツバキ 牡456.0国分優
ミキノトランペット 牡556.0太宰
メイショウウタゲ 牡856.0
メイショウスミトモ 牡857.0古川
ラビットラン 牝554.0酒井
リアンヴェリテ 牡556.0岩田康
ロードアルペジオ 牡656.0坂井
ワイドファラオ 牡356.0デムーロ
ヴェンジェンス 牡656.0
※騎手は想定です。

以上24頭が登録。

フルゲート16頭立てで…
アドマイヤビクター
スワーヴアラミス
マイネルユキツバキ

の3頭が抽選対象(1/3頭)。

ジョーダンキング
サトノプライム
コスモカナディアン
ダンツゴウユウ
ミキノトランペット
フェニックスマーク

の6頭が除外対象となります。

アルゼンチン共和国杯(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アイスバブル 牡455.0浜中
アドマイヤジャスタ 牡353.0
アフリカンゴールド セ455.0ルメール
ウインテンダネス 牡656.0内田博
オジュウチョウサン 牡853.0松岡
サンシロウ 牡551.0
タイセイトレイル 牡455.0戸崎圭
トラストケンシン 牡453.0三浦
ノーブルマーズ 牡656.0高倉
ハッピーグリン 牡455.0池添
バリングラ セ553.0津村
パリンジェネシス 牡554.0石橋脩
ポポカテペトル 牡555.0北村宏
マコトガラハッド セ651.0武藤
ムイトオブリガード 牡556.0横山典
ルックトゥワイス 牡657.0福永
※騎手は想定です。

以上16頭が登録。全頭出走可能となります。

京王杯2歳ステークス(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アポロニケ 牝254.0津村
カイトレッド 牝254.0柴田大
カップッチョ 牡255.0江田照
グランチェイサー 牡255.0田辺
グレイトホーン 牡255.0藤田菜
セイラブミー 牝254.0三浦
タイセイビジョン 牡255.0ルメール
ヒルノマリブ 牝254.0
ビアンフェ 牡255.0藤岡佑
ペコリーノロマーノ 牝254.0
マイネルグリット 牡255.0国分優
マジックキャッスル 牝254.0
モズアーントモー 牝254.0
ヴァルナ 牡255.0スミヨン
※騎手は想定です。

以上14頭が登録。全頭出走可能となります。

ファンタジーステークス(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アポロニケ 牝254.0
エールヴィオレ 牝254.0松田
エレナアヴァンティ 牝254.0内田博
カイトレッド 牝254.0
クリアサウンド 牝254.0松山
ケープコッド 牝254.0吉田隼
シャレード 牝254.0川田
テリオスヒメ 牝254.0
パドゥヴァルス 牝254.0西村淳
ヒルノマリブ 牝254.0勝浦
ベッラヴォルタ 牝254.0浜中
ペコリーノロマーノ 牝254.0福永
マジックキャッスル 牝254.0戸崎圭
モズアーントモー 牝254.0シュタルケ
ヤマカツマーメイド 牝254.0池添
ラヴォアドゥース 牝254.0デムーロ
レシステンシア 牝254.0北村友
レジェーロ 牝254.0和田
※騎手は想定です。

以上18頭が登録。

フルゲート18頭となるので、全頭出走可能となります。

天皇賞 秋(2019)の予想です。

金曜日まで雨が降っていましたが、土曜日には良馬場まで回復。Bコース替わりもあってか、同舞台の未勝利戦ではレコードも出ていましたので、かなり馬場状態は良さそうですね。

時計も出ていて上がりも速いという馬場でしたので、土曜日は差しが決めるも、好位や先行してレースを進めた馬が有利に映りましたので、現在の馬場を味方につけれるであろう馬たちを中心に勝負したいと思います。

スワンステークス (2019)の予想です。

今年は逃げ馬、先行馬がまずまず揃った印象を受けますので、前半からまずまずペースは上がっていきそう。前残りにも警戒はしつつも、差し馬が活躍する展開になると想定していますので、末脚が安定しているあの馬から中心に勝負したいと思います。

カテゴリー

↑このページのトップヘ