■にほんブログ村トラコミュ
阪神C(2014)
阪神C データ分析

阪神カップの回顧です。

今回は勝ち馬が悩ましく、単勝ではなく、穴馬2頭の複勝でなんとか的中となりましたが、かなり反省の目立つ結果となってしまいました。そんな予想は以下の通り。
<阪神カップ 2014 予想>
◎軸馬:16クラレント
◯対抗馬:6ミッキーアイル
▲穴馬1:G人気ブログランキング(※ダイワマッジョーレでした。)
△穴馬2:G人気ブログランキング(※オリービンでした。)
☆流し:2、5、7、10、12、17番以外

複勝を的中することはできましたが、これまで展望で注目馬として挙げた馬たちだけで決着となってしまった点は反省しなければいけないです。

勝利馬展望では、G1連帯実績馬ということでミッキーアイルとコパノリチャードを注目馬として挙げ、枠の優劣についての展望では、好枠を引いたと注目したリアルインパクト、2枠の2頭を注目馬として挙げました。見ての通り、この5頭だけで決着となりました。最終的にクラレント出しちゃった時点でダメでしたね。・゚(゚`Д)゙。

勝利する馬がどの馬が悩ましく、複勝勝負した部分では救われましたが、勝利馬傾向で挙げた点に残った馬を素直に評価すればより良かったですね。
勝利馬傾向で挙げた注目点は以下の通り。
・当日8番人気以内
・G1レースで連帯経験(G1馬でない馬は、その年のG1レースで2着の好走歴が必要)
・父ターントゥ系(サンデーサイレンス系またはロベルト系)
・芝1400mでの適正

の4点。

それらを全てクリアできたのが…、
ミッキーアイル
コパノリチャード
リアルインパクト
の3頭。

ここに連対馬いましたよ!って話ですね(ρ゚∩゚) グスン。ここから2頭を軸と対抗にして、2枠の2頭の穴馬で良かったという話ですね。

一応、今回なぜクラレントを出してしまったかということを、来年の自分に向けて送ることにします。
まず枠の優劣についての展望で、7枠が異常に好走している点を挙げました。ただ、ここまで連続で続いてるとそろそろ途切れるだろうと考えました。そこで注目したのが8枠です。8枠に注目した理由はざっと並べると以下の通り。
・外枠(7枠が)が良いなら、8枠も好走馬が出てもおかしくない
・毎年二桁馬番の馬が2頭以上好走している
枠の優劣についての展望から6枠はアンラッキー枠
・ここ2年、5枠から好走馬が出ている点から5枠の2頭も凡走する可能性がある
という点から、自ずと8枠に目がいきました。

8枠の中でトーホウアマポーラは消し馬だったので、残ったのがコパノリチャードクラレントとなります。コパノリチャード勝利馬傾向に合致していた馬というのはわかっていましたが、大外、前走1200m組、そしてダートとはいえ大敗しているという点から、残ったクラレントを取ったということになります。

想定通り、5~7枠から好走馬は出てこず、8枠から好走馬が出る形となりましたが、クラレントではなくコパノリチャードだったということになりますね。

展望で挙げた部分は傾向が続いてくれましたので、来年は複勝だけでなく、きっちり当てたいと思います。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
予想ランキングへブログの殿堂
人気ブログランキングへ