■にほんブログ村トラコミュ
朝日杯FS(2014)
朝日杯FS データ分析
愛知杯(2014)
愛知杯 データ分析

朝日杯フューチュリティステークス、愛知杯の回顧です。

愛知杯はシャトーブランシュが4着と悔しい結果となりましたが、朝日杯フューチュリティステークスでは、対抗馬の2頭△ダノンプラチナ、◯クラリティスカイが1着、3着、前日傾向で注目したアルマワイオリが2着に好走となり、的中となりました。

そんな予想は以下の通りです。
<朝日杯フューチュリティステークス 2014 予想>
◎軸馬:G人気ブログランキング(※ブライトエンブレムでした。)
◯対抗馬1:14クラリティスカイ
▲対抗馬2:2ダノンプラチナ
△穴馬:G人気ブログランキング(※タガノエスプレッソでした。)
☆流し:5、7、11、12、17、18番以外

<愛知杯 2014 予想>
◎軸馬:E人気ブログランキング(※マイネオーラムでした。)
◯対抗馬1:16アイスフォーリス
▲対抗馬2:2キャトルフィーユ
△穴馬:E人気ブログランキング(※シャトーブランシュでした。)
☆流し:1、4、6、14、15、18番以外


まず朝日杯フューチュリティステークスから。
悩みに悩んで4頭中3頭が上位人気馬という予想となってしまいましたが、前日に注目したアルマワイオリを流しに残していたおかけで、3連複万馬券的中となりました。ダノンプラチナはアタマはないと思っていましたが、前日、当日と同じ舞台でディープインパクト産駒が勝利しており、チャンピオンズカップの時と同じ流れを考えれば、もう少し評価をしても良かったと反省ですね。勝つのは外枠、ブライトエンブレム、クラリティスカイのどちらかどばかり思っていました(;´Д`)。

アルマワイオリを残せた理由は、前日の傾向と、前日の展望で以下のように記述した通りです。
「すでに2回敗れていますが、1回は切れ負け、もう1回は距離と脚質面だと思いますので、今回の距離、馬場はプラスになってくれるのではないかと。全く人気はないですが、いつもよりも中団くらいにつけて、脚を溜めればなにかやってくれるのではないかと思います。」
馬場の状態、内でしっかりと脚を溜めれた部分、展開とか噛み合ってのことだと思いますが、これまでの走りからはマイルまでならこなしてくれると思っていたので、切らずに残しておいて良かったと思います。

結果としては、勝利したダノンプラチナが最後わずかに流す余裕も見られ、抜けた能力のように映りました。来年のクラシックの中心はこの馬になりそうですね。

2着だったアルマワイオリは、先にも挙げたように、マイルまでの馬だと思うので、今後どのような路線に進んでいくのかはわかりませんが、マイルから短距離路線に登場することがあればまたお世話になりたいものですね。

そして、3着だったクラリティスカイは、最後差される形となりましたが、連対馬に比べて前で競馬を進めていた部分を考えると、よく粘ってくれたと思っています。今日のレースもそうでしたが、長く良い脚が使える馬だと思いますので、展開に左右されることが少ないという部分では、今後も活躍が期待できるのではないかと思っています。走りっぷり、脚質的には今後も応援したい1頭ですので、出てくるレースによってはまた指名したいですね。



続いて愛知杯。
わざわざ予想記事で追記もしたにも関わらず、マイネオーラムとアイスフォーリスは惨敗でしたね。マイネオーラムは思っていた以上に前につく形で、アイスフォーリスはスタート直後の位置取りでダメだと思ってしまいました。どちらももう少し中団で脚を溜めれればよかったという印象ですね。

シャトーブランシュが4着と惜しい内容ではありましたが、それよりもディアデラマドレが、雨、重馬場でも強い内容を見せた部分、スイートサルサも切っていたので完敗ですね。

自分の展望記事を読み直していった中でやってしまったと感じたのは、前日の展望で挙げた部分となりますね。過去2年とわずかなデータの中で注目したのは以下の2点です。
・前走勝利馬
・前走より斤量減で、且つ前走上がり3Fタイム2位~4位の馬

今年の出走馬の中では…
■前走勝利馬
アイスフォーリス
サトノジュピター
スイートサルサ
パワースポット
マイネオーラム

以上、5頭。

■前走より斤量減で、且つ前走上がり3Fタイム2位~4位の馬
シャトーブランシュ(2位)
マイネオーラム(2位)
コーディリア(4位)
スイートサルサ(4位)
以上、4頭。
※()内は前走上がり3Fタイム。

と該当馬が多い部分で悩ましいところではありましたが、よくよく見ればこの2つの注目点をクリアした唯一の1頭がスイートサルサだったということになります。自分で書いておきながら、最後に切ってしまったのは、大きな反省点となります。

今年スイートサルサが好走してくれましたので、来年もこのデータを一つに活用していければと思います。また今年はトップハンデ馬が連帯する結果となりましたが、共に前走エリザベス女王杯から変わらずの斤量だったということで、ここ3年の結果として、前走より斤量が増えた馬の好走がまだ見られませんので、来年も斤量減の馬と斤量増減なしの馬の組み合わせで考えていければと思います。

なんとか秋は的中を続けていっていますので、あと1週、このまま有馬記念まで的中を続けていければと思います。

次回は、有馬記念の各出走馬の馬名の由来など、世相(サイン)について少し書く予定となります。私が大好きなダイワスカーレットが優勝した有馬記念でも、サインから大きく的中できたこともありますので、今年も何か見つけれればと考えています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
予想ランキングへブログの殿堂
人気ブログランキングへ