■にほんブログ村トラコミュ
ステイヤーズS(2014)
ステイヤーズS データ分析

ステイヤーズSの予想です。

枠が決定して、買いたいと思っていた馬が入ってほしくない枠に入り、買わないでおこうと思った馬が良い枠を取る形となり、かなり悩みましたね。ただ、データ派の自分としては、過去の流れや傾向に反することはしたくないと思いますので(過去それで失敗もありましたので)、かなり不安ながらも、これまで挙げた注目点に則って予想といきます。

まず軸馬は、S人気ブログランキングから。
ここは展望から変わらずです。前走のアルゼンチン共和国杯でもこの馬を対抗馬2頭目に指名したんですが、その時には以下のように記載しました。
「チグハグな成績ではありますが、この馬は寒い時期にしか走っていないということで、11月になりましたのでそろそろ好走の順が回ってきたのではないかとみ ています。前走は休み明けで馬体が大きく減ってしまいましたので、今回もマイナスだったらダメそうですが、おそらくプラスで出てきてくれると思いますの で、前走よりかは着順を上げてくるのではないでしょうか。」
こう書いたものの、当日の馬体重はまたしてもマイナスとなり、敗れる形となりました。 今回はさすがに大幅に戻してきてくれると願いたいですね。また展望でも挙げたように、3000m以上のレースでは、G1以外は安定して好走していますし、 ステイヤーのスペシャリストのような印象を持っていますので、好走に期待したいと思います。


対抗馬は、クリールカイザー
昨年このレースで5着と健闘。その当時よりも現在の方が成長を感じられますし、その時は馬番10番からの発走、今年は2番と、この馬にとっては、昨年以上に良い枠をとれたと思います。長丁場でキングヘイロー産駒というのは少々嫌いたい部分ではあるんですが、その他の人気馬と比較して、1頭だけ内をとれたという部分は大きなアドバンテージだと考え、ここに位置づけました。近走の充実っぷりもさることながら、母父サッカーボーイ、母方にネヴァーベンド、リボー、そしてノーザンダンサーのクロスとありますので、父の血統を母方の血統が補ってくれると思いますので、昨年以上の着順に期待したいと思います。


そして穴馬1頭目は、S人気ブログランキング
あまり手は出しづらい1頭ではありましたが、一桁馬番、中~長距離の好走歴、父、母父と共に中距離での実績馬という点から浮上してきた1頭。また穴馬傾向でも挙げたように、過去10年の穴馬の中には、このレースで相性の良いグレイソヴリンやロベルトの血を持った馬が いなかったというところでもリンクしていますので、過去の注目点に沿った形での選出となります。近走は凡走が続いていますが、コース替わり、騎手かわりで変化を期待したいと思っています。


穴馬2頭目は、セイクリッドバレー
すでに8歳馬ながらも、ダイヤモンドSでは2着と好走歴があり、距離への適性はあるとみています。その他、選出理由としては、S人気ブログランキングと同じく、枠順と血統面ですね。特に、枠順は勝利馬傾向でも、穴馬傾向でも挙げたように、結構偏りを見せていますので、ここは続いてくれるのではないかというところで、そのデータを信じての選出となりました。

これまでの展望で挙げたフォタモルガーナモビールが気になりますが、二桁馬番というところで、流しにまわしつつ、この形で勝負したいと思います。

<ステイヤーズS 2014 予想>
◎軸馬:S人気ブログランキング
◯対抗馬1:2クリールカイザー
▲穴馬1:S人気ブログランキング
△穴馬2:7セイクリッドバレー
☆流し:1、3、6、11、14番以外
推奨馬・馬券について

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
予想ランキングへブログの殿堂
人気ブログランキングへ