■にほんブログ村トラコミュ
ジャパンカップ(2014)
ジャパンカップ データ分析

ジャパンカップの予想です。

昨年とは違いかなり豪華な顔ぶれとなった今年。各馬がどんな競馬を見せてくれるのか注目の1戦ですね。豪華なメンバーという部分から、反対にどの馬を推奨すべきか悩みが増えた部分がありますが、以下のように結論付けました。
まず軸馬は、J人気ブログランキング
調教の映像を見る限りでは少し不安があるものの、この距離ではいつも強い内容を見せてくれた部分を三度見たいというところ、勝利してくれることを期待し軸馬としました。前走の敗戦は血統的に相性の悪い舞台でしたし、外々を回らされる展開、距離適性というところで、度外視できると思います。この舞台、この距離であれば十分に巻き返しが効くとみています。


対抗馬1頭目は、ジェンティルドンナ
3連覇がかかっていますし、東京舞台、この距離では崩れたことがありません。また展望記事2で挙げた日本馬の1番人気馬というのはほぼ崩れたことがありませんので、すんなり好走を期待できるのではないでしょうか。不安点を一つ挙げるとすれば馬場状態でしょうか。これまで馬場が悪い時にこそ敗れていますので、その部分を考慮して軸馬から対抗に少しだけ評価を下げました。


対抗馬2頭目は、イスラボニータ
父フジキセキというところから距離不安はありますが、能力は十分なものですし、前走は差される形となりましたが、いつも以上に先頭に立つのが早かった部分で目標にもされる、馬が遊んでしまうというところがあったと見ています。ダービーで2着の実績があるように距離には不安はなく、これまでずっと挙げてきましたが、敗れるまでは買い続けたいと思う馬なので、この位置に留めました。蛯名騎手に戻る部分を考えると前走のように早めに先頭に立つこともないかと思いますし、持続する脚は持っていますので、好勝負になるのではないでしょうか。


穴馬はJ人気ブログランキング
これまでずっと注目していた1頭で、展望記事1でも挙げたように、今秋のG1レースの流れからも目が離せない1頭かと。この距離では崩れたことがありませんし、何よりも調教の動きがよく見えました。また昨年とは違いここを狙ってきているようなローテーションも魅力ですね。前走も敗れはしましたが、最後の直線しか競馬ができなかった部分もありますし、前走の敗因、脚質を考えると、この馬にとっては良い枠ところをとれたと思います。天皇賞・秋ではスピルバーグが前でやり合う馬を横目に差しきると予想記事に記載しましたが、今回はこの馬がその可能性を秘めているのではないでしょうか。

昨年は荒れた結果となったので、今年は一桁人気馬だけで決まりそうな気もしますが、展望で挙げた傾向や調教が良く見えた馬、そろそろまた絡んできそうな海外馬を絡めつつ広めに勝負したいと思います。

<ジャパンカップ 2014 予想>
◎軸馬:J人気ブログランキング
◯対抗馬1:9ジェンティルドンナ
▲対抗馬2:3イスラボニータ
△穴馬:J人気ブログランキング
☆流し:11、12、13、14、17番以外
推奨馬・馬券について

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
予想ランキングへブログの殿堂
人気ブログランキングへ





うまコラボ