■管理人
専ら(もっぱら)

■競馬歴:9年
カワカミプリンセスが降着したエリザベス女王杯(2006年)が初めての競馬となります。

■好きな馬と思い出
今も変わらず、一番なのは、このブログの写真にも使っているダイワスカーレット

昔のデータをあさっている時に、シンザンの生涯連帯の戦歴を見て衝撃を受けました。また私が競馬を始める少し前にディープインパクトがいたので、こういう馬はもう出てこないんだろうとなと感じていました。

しかし、競馬を初めてすぐに、すぐにそんな馬に出会うこととなりました。しかも牝馬で。
デビュー当時、先頭に立ってレースを進めて、上がり3Fタイム1位とか、誰が勝てるのかと、本当に衝撃を受けました。しかも、同世代には、64年ぶりに牝馬でダービーを勝ったウオッカもいたので、この世代が走っていた時に、一気に競馬にのめり込みました。この数年で、競馬の凄さ、楽しさなど、いろんなものを教えてくれた、一番のきっかけを与えてくれた馬と今でも思っています。そして、短い競馬人生の中で、一番の高配当を的中できたのもこの馬からでした。引退レースの有馬記念では本当にお世話になりました。

その他では…
競馬のきっかけをつくってくれたカワカミプリンセス。初万馬券を手に入れた際にお世話になったアサクサキングス。ダービー馬ってやっぱり違うんだなと教えてもらったメイショウサムソン。馬ってこんな性格が出るんだということを教えてくれたスイープトウショウ

ここ数年では、やはりオルフェーヴルゴールドシップは、衝撃が大きかったですね。少し前だとローズキングダムエイシンフラッシュがお気に入りです。




競馬との出会いについて

ディープインパクトが引退を決めていた2006年の秋、
私は友人の誘いで、初めて馬券を買うことになりました。
それまで競馬は見たこともなかったですし、賭け事とは無縁の人生を歩んでいたので、
少し抵抗がありましたが、100円からかけれるということで、
ダメでもともと、閃きだと思い、新聞の出馬表から馬名だけで馬を選びました。

レース当日、その最初にピーンとした1頭が1着でゴール!
しかも3連単マルチで友人が買っててくれたので、
「マジでか!?」と大喜びしました。
しかし、数分後、それはぬか喜びへと変わりました。

まさかの降着。

「当たったのに…」と悔しい思いを払拭できず、
次週も、その閃きだけで、購入するとまたもや指名馬が1着となり、初の馬券的中となりました。

ビギナーズラックが先週使われず、残って良かったかと思ったのですが、
念のため、その翌週も、その翌週も予想をしてみると、
なぜか馬券が当たり続けました。

2007年に入り、これならばと思い、もともと統計学や数字が大好きだったということもあり、
データをとってみようと、エクセルを使用し、データを取り始めました。このデータ収集から重賞によって傾向や偏りがあることも分かり、「これは興味深い…」とどんどん競馬が楽しくなってきました。終わってみれば、2007年は、プラス収支で終了。
そこからは数年プラスをキープし、3連単など慣れない買い方で、マイナスも経験。紆余曲折ありましたが、トータルではプラスをキープしています。

現在は、昔の名馬のレースを見なおして見たり、データ重視でしたが、血統を調べてみたりと、様々な面から競馬を楽しんでいます。

<その他、このブログ、管理人について>
■予想方法、ブログを始めたきっかけについてはこちら

■推奨馬・馬券についてはこちら

新参者となりますが、
応援の方、よろしくお願い致します。
予想ランキングへブログの殿堂
人気ブログランキングへ


うまコラボ