専ら軸馬・穴馬 2017 データ 血統 予想

【2017 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

ラジオNIKKEI賞のデータ展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
ウインガナドル
牡353.0kg津村
エスティーム
牡351.0kg
クリアザトラック
牡356.0kg田辺
グランドボヌール
牡350.0kg
サトノクロニクル
牡357.0kg川田
セダブリランテス
牡354.0kg石川
ニシノアップルパイ
牡354.0kg吉田豊
ハムレット
牡351.0kg
バルベーラ
牝351.0kg秋山
ビービーガウディ
牡353.0kg内田博
マイネルスフェーン
牡356.0kg柴田大
マイブルーヘブン
牡351.0kg北村宏
ライジングリーズン
牝355.0kg丸田
ロードリベラル
牡353.0kg吉田隼
※騎手は想定です。

以上、14頭が登録されています。

宝塚記念の予想です。

今年は少頭数の上、良いデータの該当馬は大半がキタサンブラックということで、ここから買ってみたいと思う馬がなかなか見つけられず、かなり悩みましたφ(.. )。

そんな中で、このデータなら今年も機能してくれるかなと期待したいものがひとつありましたので、そこから中心に組み立てていきました。

宝塚記念のデータ展望です。

本日は、ここが機能してほしいと考えている注目傾向について取り上げたいと思います。


まずはざっくりと、前走着順別のデータから挙げていきます。
※以下で挙げていくデータは過去10年分です。

<前走着順別データ>
・前走5着以内
8-9-8-71】(連対率17.7%、複勝率26.0%)

・前走6着以下
2-1-2-50】(連対率5.5%、複勝率9.1%)

上記は、前走上位馬が今回も上位に入ってくるという、至って当たり前のデータとなるんですが、今年は登録馬11頭中7頭が前走6着以下という、G1レースながら前走掲示板内に入った馬が非常に少ないメンバー構成となりそうなので、この前走6着以下の組に注目してみました。

宝塚記念のデータ展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
キタサンブラック
牡558.0武豊
クラリティシチー
牡658.0松山
ゴールドアクター
牡658.0横山典
サトノクラウン
牡558.0M.デムーロ
シャケトラ
牡458.0C.ルメール
シュヴァルグラン
牡558.0福永
スピリッツミノル
牡558.0
ヒットザターゲット
牡958.0
ミッキークイーン
牝556.0浜中
ミッキーロケット
牡458.0和田
レインボーライン
牡458.0岩田
※騎手は想定となります。

以上11頭が登録されています。

ユニコーンステークスの予想です。

今年はもともとから注目していた馬たちが非常に良いデータに該当していますので、そのデータが機能してくれることを期待しつつ勝負したいと思います。

※以下で挙げていくデータは過去10年分です。

函館スプリントステークスの予想です。

今年は何頭から気になる穴馬がチラホラいたんですが、持っているデータからは強く推せる馬がおらず。。。積極的に狙うのはちょっと違うかなというところで、穴馬は"流し"に入れて買いつつ、今回は軸馬1頭、対抗馬2頭という形で勝負したいと思います。
うまコラボ
カテゴリー
タグクラウド
ブログランキング

↑このページのトップヘ