専ら軸馬 穴馬 2019 データ 血統 予想

【2019 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

フェブラリーSのレース回顧です。

まずは田辺騎手、G1制覇おめでとうございます。
この舞台で、あれだけ抑えたレース運びはなかなかでした。
コパノリッキーの馬の能力の高さにも驚きましたし、
このレースで、あれだけ緩んだペースになるもの傾向的には珍しいので、
こういうパターンもあるんだなと勉強になりました。

では、今回の予想はこんな感じでした。
<フェブラリーS 2014 予想>
軸馬:11ベルシャザール
対抗:2ベストウォーリア、7ニホンピロアワーズ
穴馬:“ブライトライン”、でした
流し:5、6、8,10、13、14以外

小倉大賞典のレース回顧です。

2戦連続の的中となりました!
予想はこちら。
<小倉大賞典 2014 予想>
軸馬:4ラストインパクト
対抗:8アロマティコ
相手:6ブレイズアトレイル、7ラブイズブーシェ
流し:5、10、11、12、13、15以外

予想では書きませんでしたが、
展望時点での穴馬カフナが好走してくれました。

ダイヤモンドSのレース回顧です。

的中しました!予想はこちら。
<ダイヤモンドS 2014 予想>
軸馬:10タニノエポレット
対抗:1フェイムゲーム、6アドマイヤバラード
穴馬:ファイヤー、でした。
流し:4、5、7、8

フェブラリーSの予想です。

ジャパンカップダート同様に、好メンバーが揃った構成となっており、
予想よりもレースそのものが楽しみな1戦となりますね。

ここ2年くらいは、ワンダーアキュートをずっと軸に
ダート重賞を買ってきましたが、今年は年齢的にも、
展望でふれた、誰がそんなことを気にしているんだという
アンラッキー馬番があるので、違う馬からいきたいと思います。

ではまず軸馬から。

小倉大賞典の予想です。

毎年のように下位人気馬が勝利している当レース。
本日のダイヤモンドSは的中しましたが、
少頭数ということもあり、配当的には軍資金程度だったので、
ここでは、大きく当てたい気持ちですね。

ただかなり難解でした。
血統面で注目した馬が多くいて、全く流しの対象だった馬が
軸馬として浮上してきました。

ダイヤモンドSの予想です。

頭数も少ないですし、重賞ウィナーは1頭と、
手薄な構成です。
過去には波乱もあるレースでは今年はどうなるのでしょうか。

メンバーもメンバーなので、シンプルに予想していこうと思います。
まずは、予想から。
カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ