専ら軸馬 穴馬 2019 データ 血統 予想

【2019 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

京都新聞杯、登録馬からの展望です。

本日5月5日、現在のnetkeibaさんの予想オッズです。
■2014年5月10日(土) 京都新聞杯
 登録馬と予想オッズ

天皇賞・春のレース回顧です。

予想はこちら。
<天皇賞・春 2014 予想>
軸馬:8ゴールドシップ
対抗:12ウインバリアシオン、7フェノーメノ
穴馬:“アドマイヤフライト”でした。
流し:1、4、6、9、13、15、17、18以外

対抗同士の決着となりましたが、
3着のホッコーブレーヴまでは手が届いていませんでした。残念です。

天皇賞・春の予想です。

先週高速馬場であった京都競馬場。
ここが予想の部分で大きく変化をもたらす要因になると思っていましたが、
本日の馬場を見る限りでは、速いタイムは出やすい馬場には変わりないですが、
先週ほどではないといった印象です。
今日馬場の状態であれば、大幅に予想を変える必要はないとふみました。

ではまず軸馬から。

青葉賞のレース回顧です。

予想はこちら。
<青葉賞 2014 予想>
軸馬:5ラングレー
対抗:2ワールドインパクト、3マイネルフロスト、“ピオネロ”でした。
流し:1、4、7、9、12、14、15、16以外

穴馬が気になると言いながら、選ばず勝負したら、山吹賞組が激走しました。。。
穴馬はちゃんと選べということですね。

青葉賞の予想です。

これまでは、ダービーと直結するレースではなかったのですが、
昨年はアポロソニック、一昨年前はフェノーメノ、3年前はウインバリアシオンと、
勝ち馬こそ出ていませんが、ここ3年連続で好走馬を輩出しています。
4年連続で好走馬が出てくるのか注目です。

では、まず軸馬から。

天皇賞・春の展望です。

出走馬、枠順決まりました。
バンデが出走できないのは残念ですが、
それでもフルゲートとなり、枠順的に興味深い形になったのではないでしょうか。

本日は、前に皐月賞の時に行ったものと同じで、
各路線別の成績から探っていきたいと思います。
各前走レース、前走着順から、好走馬、そうでない馬を探っていきました。
データは、過去10年のデータとなります。

まずは、阪神大賞典組です。
<阪神大賞典>
1着馬:2-0-1-6(該当馬:ゴールドシップ)
カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ