専ら軸馬 穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

優駿牝馬(オークス)の予想です。

本日、メインレースであったメイSでは、
後方から外々を回ってきたスピルバーグが差しきり勝ち。
道中、中団より少し後ろから、内々をロスなく回った1枠の2頭が2、3着に追込む結果。
また最終レースでは、逃げ残ったジョーオリオンが勝利も、外から2頭が追い込みを見せました。

逃げ馬が逃げ残れる部分があるものの、
力があれば、後ろからでも、外からでも差しきれる馬場で、
先週の馬場とは打って変わって、フラットに戻った印象です。

先週の馬場状態では不安視していた末脚勝負の馬たちにとっては、プラスになりそうです。
その部分を加味し、まずは軸馬から。

平安Sの予想です。

展望では、リボーの内包馬が好走傾向にあることを挙げました。
今年は出走馬が多いですが、好走率的には、来て1頭くらいので、
軸、対抗をそこから、抑えて、そうでない馬たちから穴馬を狙っていきたいと思います。

ではまず軸馬から。

優駿牝馬(オークス)の展望です。

オークスは桜花賞から一気の距離延長ということで、
ほとんどの馬たちが初の距離をこなすことになります。
2400mを走り切るに合った馬体、そうでない馬体があると思いますので、
本日は、過去の10年の馬体重別成績を見ていきました。

優駿牝馬(オークス)の展望です。

出走馬、枠が決まりました。
断然の1番人気であろうハープスターは、5枠10番。
2、3番人気濃厚なサングレアルとヌーヴァレコルトは8番、9番と、
当日上位に支持されるであろう3頭が並んでの出走となりました。
どの馬たちも内過ぎす、外過ぎということで、人気馬を関しては、枠の心配は特になさそうですね。

話は展望の方に戻りますが、いつも通り、穴馬候補を探していきました。
過去10年、好走馬30頭中、当日6番人気以下で好走したのは10頭で、

平安Sの展望です。

平安Sは、東海Sを引き継ぐ形で、1月開催から5月開催となり、今年で2年目となります。
この時期、この距離での平安Sに変わってからは過去1年分だけですが、
昨年の結果から少し気になっていた部分があり、
今年は該当馬も多いので、その部分を狙っていければと考えています。

まずはその昨年の結果から、気になったある血統を挙げます。

優駿牝馬(オークス)、登録馬からの展望です。

本日5月20日、現在のnetkeibaさんの予想オッズです。
■2014年5月25日(日) 
 登録馬と予想オッズ 優駿牝馬(オークス)
カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ