専ら軸馬・穴馬 2017 データ 血統 予想

【2017 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

クイーンCの登録場からの展望です。

2月12日、現在のnetkeibaさんの予想オッズです。
■2014年2月15日(土) クイーンC
 登録馬と予想オッズ

きさらぎ賞のレース回顧です。

日本に戻ってきました。
旅先から東京競馬場が中止になったことを確認して
少し気分的にはほっとしました。
きさらぎ賞の結果は本日確認しましたので、
少しブログの更新がずれてしまいますが、
今日からまた更新を進めていきます。
では、レース回顧です。

<きさらぎ賞 2014 予想>
軸馬:5バンドワゴン
相手:1トーセンスターダム、穴9ブラックカイト、でした。
流し:3、7

予想としては、推奨5頭中4頭が1着〜4着を占める結果となりました。
人気馬切って絞り込んで、配当を考えて3連単のみで勝負しました。
掛け金の3倍程返ってきたので、
この頭数であれば、十分な回収ができたと思います。
性格的に、あまりこういう勝負ができない方なので、
今回の結果には満足です。

東京新聞杯の予想です。

本日、積雪の影響で中止となりましたので、
明日開催となるか微妙ラインですね。
少し馬場を見てから更新したい気分ではありますが、
そうは言っても明日早朝から居なくなるので、
その部分も含め、予想をしていきたいと思います。

今日テレビで見た印象としては、
あれだけ雪が積もっていれば、
普通に予想しても当たらないような気もします。
また過去のデータも通用しないのも、こういう天候の時だと思うので。
それではまずはじめに予想から。

きさらぎ賞の予想です。

全国的に寒波の影響で、寒くなっていますね。
東京競馬場は、積雪の影響で、月曜日に代替開催となりました。
京都競馬場は、雪ではなく雨が降り、芝・ダート共に稍重、重馬場となっていました。
そういった点、本日の結果も少し気にしつつ、
まずは、軸馬から。

東京新聞杯の展望です。

枠も決まり、改めて見てみると、
やはりG3とは思えないメンバーが揃いましたね。
マイル実績馬、G1馬、G1級の馬と、
展開一つで、結果がガラッと変わりそうな
予感がする顔ぶれになったのではないでしょうか。

ではさっそく、データを見ていきたいと思います。

きさらぎ賞の展望です。

出走馬確定しました。
まず、前回の展望で挙げたダノンアンビシャスは、
土曜日の東京、ゆりかもめの方に出走となりました。残念。

次に、登録は14頭ありましたが、
結局出走が決まったのは9頭と少頭数。
前回、今年の決着は二者択一で、
・1、2番人気のどちらか1頭が好走する
・1、2番人気の好走+相手
の、どちらかになると書きましたが、
今回はその点をもう少し見ていきたいと思います。
うまコラボ
カテゴリー
タグクラウド
ブログランキング

↑このページのトップヘ